Hitachi

A2:厚生労働省では、いわゆる団塊の世代が75歳以上になる2025年を目処に各自治体が「地域包括ケアシステム」を構築することとしています。
また、厚生労働省で進めている、在宅医療・介護連携推進事業の厚生労働省提示資料中に、「(エ)医療・介護関係者の情報共有の支援」という項目が含まれており、全国の自治体で平成30年(2018年)4月までに医療・介護関係者の情報共有の仕組みを整える必要があるとしています。

その他のよくあるご質問

地域包括ケア支援自治体クラウドソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。