Hitachi

A1:それぞれのフェーズごとに、さまざまな部署が関係すると想定しており、例えば、以下のような進め方が想定されます。

  • 導入決定まで
    介護担当、健診担当、公立病院担当、消防担当などの、当該地域の「地域包括ケアシステム」を担当する部署と連携し、調整を行う部署を最初に決めます。
  • システム構築中
    システム導入のワーキンググループを立ち上げ、定期的に「誰の情報を」「誰の権限で」「誰に」「どのように利用してもらえれば」「どのような効果が得られるのか」という議論を行い、システムの機能と運用方法を決めていきます。システムの概要が決まったタイミングなどで、外部関係者(介護事業者など)のご意見も適宜いただきながら進めていきます。
  • 実際の運用開始に向けて
    介護事業者/在宅医/要介護者などの参加に向け、システムの運用管理規定を周知し、参加を受け付けます。

弊社にてご支援できる部分もありますので、詳細についてはお問い合わせください。

その他のよくあるご質問

地域包括ケア支援自治体クラウドソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。