ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

[イメージ]大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」 全学的なIT改革こそ、変化に強い、大学を育む。

少子化をはじめとする多様な変化に向け、競争力の高い大学への変革が求められています。なかでも、大学ごとの理念や特徴に応じたカリキュラム運営による「教育の質の向上」、産学官連携や民間への技術移転を促進する「研究力の向上」、さらに経営基盤の強化に向けた「財務力の強化と教育投資」といった全学的な取り組みは不可欠です。そこで日立ではお客さまのパートナーとして、既存のシステム環境の整備から戦略的な活用までをサポート。全体最適を進めるITで大学の個性化・高度化を高めます。

コンセプト

[イメージ]コンセプト

共通データ、共通機能の一元化と個々のサービスの融合により、大学における新しいサービスや価値を創造し、更には意思決定につながる有用な情報を提供し続けるシステムを目指し、日立では「統合」「協調」「戦略」をコンセプトとした学内ITシステムの全体最適化を推進いたします。
詳細ページへ

ソリューション体系

[イメージ]ソリューション体系

日立では、大学向け情報システムソリューションの実現をお手伝いするため、さまざまな製品を用意しております。
詳細ページへ

導入事例:法政大学

[写真]法政大学

約3万人の学生が学ぶ日本有数の総合大学である学校法人 法政大学は、事務基幹システムと教務システムの基盤を日立のプライベートクラウドソリューションにより統合。事務システム基盤「情報システム2011」として、2011年9月より稼働を開始しました。 同基盤は仮想化などの統合により従来システムと比較してサーバやストレージの台数を約50%削減し、ITリソースの有効利用や業務処理量に即した動的割り当てを実現。システムの投資効率と柔軟性を大幅に向上させながら、運用負荷の軽減と業務継続性を確保するBCPへの対応も強化することに成功しました。
キーワード:プライベートクラウド、事務システム基盤構築、フレキシブルなリソース運用
(2012年7月2日 公開)
法政大学の事例はこちら

大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。