ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

[イメージ]製品・サービス適用

宛名情報統合サービス

他団体との情報連携を実現するためには、団体内の個人を一意に特定する必要があります。そこで、自治体の複数の業務システムが個別に保持する宛名番号の統合を行います。
具体的には、必要に応じて各業務システムが保有するデータを整理する際にツールなどを導入することで、不要項目の削除や複数の業務システムにおける宛名情報の統一(名寄せ)作業などを効率的に実施します。

指静脈認証ソリューション

[イメージ]指静脈認証ソリューション

番号制度の導入により、住民の個人情報を取り扱う頻度・範囲が広がること、またマイナンバーなどにより容易に個人を特定できるようになったことから、自治体では今まで以上に高度な本人認証が求められます。職員本人を確実に認証しながら、利便性とセキュリティの向上を両立させることのできる指静脈認証を導入することにより、安全・安心な住民情報の運用・管理を実現します。

情報セキュリティ対策

番号制度の導入にともない、住民の個人情報を適切に取り扱うために、自治体情報システム強靱性向上モデルの対応など、より高度な内部統制とセキュリティ対策が求められます。そこで、ソフトウェアやハードウェアなどのIT資産情報やセキュリティ対策状況を把握し一元管理することなどにより、安全・安心な住民情報の運用・管理を実現します。

証跡管理ソリューション

他団体との情報連携開始後は、各団体で保持する個人情報の提供記録を保持し、必要に応じてマイナポータルに情報提供記録を提供したり、特定個人情報保護委員会の監査に対応する必要があります。そこで、自治体における複数の業務システムの証跡を統合的に管理し、効率的な分析・運用を支援します。

文字同定ソリューション

他団体との情報連携に向けて、自治体における各業務システムの文字環境の見直しや業務システム間の字体差の見直しなどの作業を効率的かつ確実に実施します。

文字同定ソリューション
(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)

自治体向け番号制度導入支援ソリューションに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求
お申込み完了後、カタログ/資料を
郵送させていただきます。