ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

[イメージ]指静脈認証

マイナンバーの導入にあたっては、さまざまな行政手続きにおいて特定個人情報を扱うことになるため、これまで以上の強固なセキュリティ対策が必要です。
2015年11月に総務省・自治体情報セキュリティ対策検討チームから発表された報告書においても、個人番号利用事務について、外部ネットワークからの切り離しに加え、業務端末を利用する際の認証方法など、ハードウェアへのセキュリティ強化を行うよう公表されました。日立では、お客さまのセキュリティ対策をご支援するソリューションをご提供します。

【二要素認証】業務端末の認証は複数の認証を組み合わせて

個人番号を扱う業務で使用する端末には、ID・パスワードの他にもうひとつ認証要素を導入し、二要素認証とすることで安全性を高めることができます。この認証要素としてはICカードや生体情報が考えられますが、日立では、偽造されにくく、紛失や盗難の危険性が低い指静脈認証をご提案します。

一要素(ID・パスワード)認証と二要素認証の違い

ID・パスワードのみの一要素認証に比べ、ID・パスワードの他にもうひとつ認証方法を導入し、二要素認証とすることで安全性をより高めることができます。

一要素(ID・パスワード)認証 二要素認証
ID・パスワードが漏えいした場合、個人情が報漏えいする恐れあり ID・パスワードが漏えいした場合でも個人情報漏えいの危険性が低い
ID・パスワードを共用した場合、悪意のある職員が個人情報を持ち出した際に利用者の特定ができない 本人しか持ち得ない認証手段を組み合わせて認証を行うことで、利用者が特定でき、万が一の情報漏えい時にも追跡が可能

マイナンバーに対応する日立の指静脈認証

指静脈認証とは、日立製作所が開発した、光(近赤外光)を指に透過させて得られる静脈パターンの画像によって個人を識別する認証技術です。指をかざすだけの簡単な操作で、確実でスピーディな本人確認が行えます。

[イメージ]日立の指静脈認証

*1
株式会社 富士経済「2015セキュリティ関連市場の将来展望」PCアクセス管理用途2014年実績より。
*2
1対1認証での測定値。バイオメトリックスの精度評価に関する国際基準規格ISO/IEC 19795-1に基づいた測定方法で算出した精度。
*3
FRR=False Rejection Rate、FAR=False Acceptance Rate、FTE=Failure to Enroll Rate。

高セキュリティかつ利便性の良い指静脈認証

本人確認を行う際、ICカードなどの物理認証では複数人での共同利用が可能なため、正確な個人認証とは言えません。また、盗難や偽造、紛失などのリスクもあります。確実に個人を認証するためには、体の特徴を使う生体認証がおすすめです。中でも指静脈認証は、指紋認証に比べて、体内の情報なので偽造が困難であったり、乾燥や湿気、傷など、指の表面の状態に依存して認証できないケースが少ないというメリットがあります。

  指静脈認証 指紋認証 ICカード認証
安全性

[イメージ]二重丸

体内情報のため
偽造が困難

[イメージ]丸

体の表面の情報のため、
偽造の恐れあり

[イメージ]三角

紛失・盗難の恐れあり
共同利用やなりすましが可能
利便性

[イメージ]二重丸

認証精度が良いため認証のやり直しが少ない

[イメージ]三角

傷や乾燥・湿気で影響を受ける
指紋が鮮明ではないケースあり

[イメージ]三角

カードを携行する必要あり
導入・保守コスト

[イメージ]二重丸

認証エラーが少なく管理コストが抑えられる

[イメージ]二重丸

装置の種類が多様で安価なものもあり

[イメージ]三角

カードの管理コストがかかる(発行、配布、回収)

豊富な導入実績

日立の指静脈認証はすでに2,500団体、33万台(*4)の豊富な導入実績があります。
全国の自治体においても多数ご活用いただいており、安心して導入していただけます。

*4
2016年3月現在、日立調べ

情報の持ち出しを制御

個人番号利用事務においては、USBメモリなど外部記憶媒体を使った情報の持ち出しが原則禁止となります。日立の情報漏えい防止ソリューションでは、外部媒体への出力操作をすべて管理。持ち出しを禁止することはもちろん、ユーザーの権限に合わせた個別設定もできるため、やむを得ず外部媒体を利用する必要がある場合にも柔軟に対応できます。

日立が提案するマイナンバーセキュリティ対策の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。