ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

[イメージ]コンサルティング

影響調査・導入計画策定支援サービス

[イメージ]影響調査・導入計画策定支援サービス

番号利用開始後も制度改正などにより番号利用事務の拡充・見直しが行われることが想定されます。そこで、番号制度で実現される業務・システム像の認識を整理・共有し、業務・システムにおよぼす影響の調査、自治体の現状に合わせて実現性や優先順位を考慮した業務・システム像の策定を行います。そして、整理した結果をもとに限られた期間の中で手戻りなく効率的に番号制度に対応するための導入計画を策定します。

特定個人情報保護評価導入支援サービス

自治体では特定個人情報ファイル(マイナンバーをその内容に含む個人情報ファイル)に対して、影響に対する軽減措置をあらかじめ講ずるために、個人のプライバシーなどに与える影響を評価し、特定個人情報保護評価を実施する必要があります。そこで、自治体が特定個人情報保護評価を実施するために必要となる各種作業を支援します。

情報セキュリティポリシー策定支援サービス

[イメージ]情報セキュリティポリシー策定支援サービス

情報セキュリティポリシーとは、組織内の情報セキュリティを確保するための方針、体制、対策などを包括的に定めた文書です。自治体では組織の実態に応じて自主的に策定するものとされています。特定個人情報保護評価の実施を受け、結果に応じて情報見直し・検討を行う必要があることから、これらの作業を効率的かつ確実に実施できるよう支援します。

情報セキュリティポリシー策定支援サービス
(セキュリティソリューション SecureplazaのWebサイトへ)

自治体向け番号制度導入支援ソリューションに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求
お申込み完了後、カタログ/資料を
郵送させていただきます。