ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

[イメージ]システムを整備したい

影響調査・導入計画策定支援サービス

[イメージ]影響調査・導入計画策定支援サービス

番号利用開始後も制度改正などにより番号利用事務の拡充・見直しが行われることが想定されます。そこで、番号制度で実現される業務・システム像の認識を整理・共有し、業務・システムにおよぼす影響の調査、自治体の現状に合わせて実現性や優先順位を考慮した業務・システム像の策定を行います。そして、整理した結果をもとに限られた期間の中で手戻りなく効率的に番号制度に対応するための導入計画を策定します。

特定個人情報保護評価導入支援サービス

自治体では特定個人情報ファイル(マイナンバーをその内容に含む個人情報ファイル)に対して、影響に対する軽減措置をあらかじめ講ずるために、個人のプライバシーなどに与える影響を評価し、特定個人情報保護評価を実施する必要があります。そこで、自治体が特定個人情報保護評価を実施するために必要となる各種作業を支援します。

情報セキュリティポリシー策定支援サービス

[イメージ]情報セキュリティポリシー策定支援サービス

情報セキュリティポリシーとは、組織内の情報セキュリティを確保するための方針、体制、対策などを包括的に定めた文書です。自治体では組織の実態に応じて自主的に策定するものとされています。特定個人情報保護評価の実施を受け、結果に応じて情報見直し・検討を行う必要があることから、これらの作業を効率的かつ確実に実施できるよう支援します。

情報セキュリティポリシー策定支援サービス
(セキュリティソリューション SecureplazaのWebサイトへ)

宛名情報統合サービス

他団体との情報連携を実現するためには、団体内の個人を一意に特定する必要があります。そこで、自治体の複数の業務システムが個別に保持する宛名番号の統合を行います。
具体的には、必要に応じて各業務システムが保有するデータを整理する際にツールなどを導入することで、不要項目の削除や複数の業務システムにおける宛名情報の統一(名寄せ)作業などを効率的に実施します。

文字同定ソリューション

他団体との情報連携に向けて、自治体における各業務システムの文字環境の見直しや業務システム間の字体差の見直しなどの作業を効率的かつ確実に実施します。

文字同定ソリューション
(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)

既存システム改修サービス

自治体における各業務システムの改修を行い、情報連携を実現します。

番号対応パッケージ導入サービス

自治体における各業務システムの番号対応済みのパッケージ適用や、新規での導入により、低コスト・短期間で情報連携を実現します。

共通基盤導入ソリューション

番号制度導入にともなうレガシーシステムの再構築や業務ごとに導入・維持管理していたオープン系システムの再整備において、共通機能の統合・一元管理と情報システム全体のデータ連携基盤の整備を実施することで、重複投資の解消や運用管理費用の低減、システムの追加・変更が容易となり、システム全体のTCO(*)削減や住民サービスの向上を図ります。

*
Total Cost of Ownership(総保有コスト)

クラウド化サービス

業務システムの導入・運用コストと運用管理の負荷を軽減するため、自治体の業務システムをクラウド化します。

クラウド化サービス
(「ADWORLD 自治体クラウド」のWebサイトへ)

運用・監視アウトソーシングサービス

システム環境の変化を常に監視・把握し、障害発生時のダウンタイムを最小限に抑え、適切かつ迅速なシステム復旧を支援します。また、問題を横断的に分析、問題解決までをワンストップで支援します。

自治体向け番号制度導入支援ソリューションに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求
お申込み完了後、カタログ/資料を
郵送させていただきます。