ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

[イメージ]電子申請/窓口基盤ソフト「アプリポーター」 インターネットを利用した電子窓口を安全かつ短期間で実現するための電子窓口基盤です。

日本政府の「e-Japan重点計画」によると、電子政府を実現し電子自治体の構築を推進することとされていますが、そのためには、早急な基盤整備が急務とされています。

「アプリポーター」は、ネットワーク上で安心できる行政サービスを提供するため、実績とノウハウに基づいた認証・セキュリティ技術による本人確認や改ざん検知などの機能を装備し、電子窓口を短期間かつ低コストにて構築するために、電子申請や情報公開などの認証・セキュリティといった共通的な処理機能を一つに統合する基本ソフトです。またカスタマイズやシステム仕様変更にも柔軟に対応できる製品のため、システム維持作業も短期間かつ低コストで実現できます。

アプリポーターイメージ図
自治体におけるアプリポーターの位置付け

アプリポーター/フレーム 電子申請、電子窓口を効率よく構築するためのソフトウェア部品です。
五つの標準パターンをご用意しています。
アプリポーター/ベース 電子申請/窓口の構築に必要とされる七つの共通機能をを一つに統合した基盤製品です。

電子申請/窓口基盤ソフト「アプリポーター」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン