ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

コンビニ交付のための自治体に必要なシステム要件

(1)証明発行サーバの導入

コンビニ交付などで証明書の交付を可能とするために必要な機能(証明書データのPDF化・規定された電文応答プログラムなどを想定した広域交付システムインタフェース仕様書に準拠)を備えた証明発行サーバを導入する必要があります。

(2)既存業務システムの改修

  • 住民票の写し、記載事項証明書、印鑑登録証明書、税証明書などを発行する住民記録システムなどの場合
    業務システムから各種証明書データを証明発行サーバへ連携するための改修が必要です。
  • 戸籍証明書などを発行する戸籍システムの場合
    各種証明書のデータは業務システム側で持つため、証明発行サーバへはPDFデータを連携します。そのため、業務システムから証明発行サーバへPDFデータを連携するための改修が必要です。

(3)LGWANセルフASPセグメントの構築

証明発行サーバとLGWANを接続するために必要なLGWANのセルフASPセグメントの構築が必要となります。

[イメージ]コンビニ交付対応システムのシステム図

*
条例利用方式を採用したコンビニ交付を導入される場合は、上記に加えてICカード標準システムの導入が必要となります。

お問い合わせ

「ADWORLD 証明書コンビニ交付・自動交付システム」は、株式会社 日立システムズの製品です。製品に関するお問い合わせ・カタログ請求は、以下のページよりお問い合わせください。

[リンク]日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

お問い合わせ

「ADWORLD 」は、株式会社 日立システムズの製品です。製品に関するお問い合わせ・カタログ請求は、以下のページよりお問い合わせください。
株式会社 日立システムズ「ADWORLD 証明書コンビニ交付・自動交付システム」

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン