ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

各業務システムで発生する決裁文書を管理し、 複雑な決裁事務と意思決定の迅速化に対応します。

ADWORLD 電子決裁基盤システムで決裁文書を一元管理

[画面]ADWORLD 電子決裁基盤システムで決裁文書を一元管理
画面イメージ

1
優先順位の高い作業や確認したいポイントが一目で把握。
2
承認依頼はメールで通知されるためADWORLD 電子決裁基盤システム画面を立ち上げずに決裁案件の進捗を把握。
3
日立のグループウェア製品「Groupmax Collaboration」と統合し、グループウェア画面上でポータル機能を利用可能。

優先順位を考慮した効率的な決裁事務の実現

各業務システムで発生した決裁文書を一覧表示し、決裁待ちの文書とその優先順位を一目で把握できます。また、大量の文書が送られても、緊急度や文書の種類に応じてフィルタを個人設定し、特定の文書だけを表示することもできます。さらに、文書の内容を把握している場合は、一件ごとに表示せず、複数件を一括して決裁できます。

兼務や日付の遡りに対応

職員の所属、役職、権限の情報は何年何月何日から何年何月何日までという期間で管理していますので、過去の日付に遡った場合は、その日付時点の所属、役職、権限に応じて、適切な決裁処理を行えます。また、同じ職員について複数の所属、役職で期間を重複して登録すると、兼務扱いとなり、兼務しているすべての所属、役職宛てに送られてきた文書を一覧表示できます。

資料や付箋を添付可能

資料の添付

決裁文書に必要な添付資料は、イメージスキャナーで読み取るなど、Windows®で扱えるファイルにすると、そのまま添付できます。さらに、イメージスキャナーでの読み取りが困難な設計図面やページ数の多い添付資料は、従来通り紙で送付できます。その場合決裁文書には、紙で送付する添付資料があることを明示し、添付資料の表紙用に、送付ルートを記載した送付票を自動作成することもできます。

付箋やコメントの添付

「何月何日までに処理してください。」「何月何日付けで決裁してください。」といった事務上必要な注意事項を、決裁文書に付箋として添付できます。また、付箋とは別に、職員一人ひとりがコメントを付けることもできます。

[リンク]ADWORLD 電子決裁基盤システム

「ADWORLD 電子決裁基盤システム」は、株式会社 日立公共システムの製品です。製品の詳細は以下のページを参照ください。
株式会社 日立公共システム「ADWORLD 電子決裁基盤システム」

お問い合わせ

「ADWORLD 電子決裁基盤システム」に関するお問い合わせ・カタログ請求は、以下のページよりお問い合わせください。

[リンク]日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

お問い合わせ

[リンク]ADWORLD 電子決裁基盤システム

「ADWORLD 電子決裁基盤システム」は、株式会社 日立公共システムの製品です。製品に関するお問い合わせ・カタログ請求は、以下のページよりお問い合わせください。
株式会社 日立公共システム「ADWORLD 電子決裁基盤システム」

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン