ページの本文へ

Hitachi

セキュリティソリューション Secureplaza

2015年10月のホットな製品

CSIRT/SOC支援ツール「DAMBALLA Failsafe」

カテゴリ ・ネットワークセキュリティ
・その他(CSIRT/SOC支援ツール)
製品概要

DAMBALLA Failsafeは、予防対策をすり抜けた脅威を確実に検知し、情報漏えいなどの被害が発生する前に対処することを主眼に置いたCSIRT/SOC支援ツールです。

1.予防対策をすり抜けた脅威を自動で検知

8つの検知エンジンでファイアウォール、WebプロキシやDNSサーバを通過する外向けのトラフィックを監視し、構内に潜在する感染された端末を自動的に検知します。

2.ビジネスリスクの高い感染端末を特定

見つかった感染端末を9種類のリスク分析エンジンで相関分析し、端末の重み付けを行います。これにより、どの端末を優先して対処すべきか容易に判断できます。

3.ネットワーク感染を可視化

リアルタイムに表示される管理画面やレポート機能により、ネットワークの感染状況やどの端末から対処する必要があるか、一目で把握できます。

4.第三者ソリューションとの連携

SIEMやフォレンジック製品、ネットワーク・エンドポイントセキュリティなど、様々なソリューションと連携して、セキュリティを強化します。

詳細URL http://www.hitachi-hightech.com/hsl/products/ict/cloud/attack.html/
提供会社 株式会社 日立ハイテクソリューションズ
お問い合わせ先 〒104-6031 東京都中央区晴海1−8−10 晴海トリトンスクエア オフィスタワーX
ソリューション営業グループ  小澤 秀幸
E-mail:systemsales.dg@hitachi-hightech.com

情報漏えい防止ソリューション 秘文

カテゴリ ・ネットワークセキュリティ
・クライアントセキュリティ
・サーバセキュリティ
・コンテンツセキュリティ
・セキュリティサービス(クラウド型セキュリティを含む)
製品概要

「秘文」は、企業からの情報漏えいを防止するセキュリティソリューションです。

情報の漏えいを防ぐための「出さない」「見せない」という考え方と、万が一、情報漏えいが起こった場合の漏えい拡大を防止するための「放さない」という考え方に基づき、対策を提供します。

1.出さない(デバイス制御・ネットワーク制御)

「秘文 Device Control」が、スマートフォンやUSBメモリ、無線LANなどのデバイスの利用をコントロールし、機密情報が社外に出ることを防ぎます。
また、マルウェア検出製品と連携することで、マルウェア感染PCのネットワーク通信を遮断し、マルウェアの拡散を防止することができます。さらに秘文ではPCの詳細なファイルアクセスログを取得するため、マルウェア検出製品ログとの突合せ分析による流出ファイルの特定を支援することができます。

2.見せない(PC・記録メディア・ファイルサーバ暗号化)

「秘文 Data Encryption」が、PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化し、第三者に情報の中身を見られることを防ぎます。
ハードディスク、記録メディア、ファイルサーバと、幅広い範囲のデータを強制的に暗号化することができるため、PC利用者の判断ミスによる暗号化保護の漏れを無くすことができます。

3.放さない(ファイルの保護と失効)

「秘文 Data Protection」が、ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止します。 保護したファイルのパスワード認証に失敗した回数など、あらかじめ指定した条件を満たした場合に、管理者へ通知メールを送ることができるため、お客さまはファイル不正利用の兆候をタイムリーに把握し、迅速に当該ファイルを閲覧停止させることができます。

詳細URL http://www.hitachi-solutions.co.jp/hibun/sp/
提供会社 株式会社 日立ソリューションズ
お問い合わせ先 株式会社日立ソリューションズ
・電話による受け付け:0120-571-488 [通話料無料]
・ WEBによる受付:https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/

バックナンバー

2015年

2014年

Secureplaza目的別セキュリティ製品一覧です。

目的別製品マップ