ページの本文へ

Hitachi

セキュリティソリューション Secureplaza

2015年1月のホットな製品

内部不正防止ソリューション

カテゴリ ・ クライアントセキュリティ
・ サーバセキュリティ
・ セキュリティコンサルティング
・ ID管理・認証系
製品概要

現状のセキュリティ対策の不足部分を明確にし、持ち出し制御や暗号化対策などのセキュリティソリューションを最適に組み合わせることで、内部不正による情報漏洩リスクの軽減を実現します。

1.「現状分析サービス」により必要な対策を明確化

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が公開する「組織における内部不正防止ガイドライン」に基づいたヒアリング項目を設定し、経験豊富なコンサルタントが現地調査を行い、不足点を洗い出します。

2.豊富なセキュリティソリューションを組み合わせ最適なソリューションを提供

「現状分析サービス」で明確になったセキュリティ対策の不足部分に対し、「認証強化・ID管理」「監視・監査」「持ち出し制御」「データ統制」の4つの観点から、セキュリティソリューションを組み合わせ、お客様の業務環境に応じた最適なセキュリティ対策を提供します。 

詳細URL http://www.hitachi-solutions.co.jp/fraud_prevention/
提供会社 株式会社 日立ソリューションズ
お問い合わせ先 株式会社 日立ソリューションズ 
セキュリティソリューション部
〒108-8250 東京都港区港南二丁目18番1号 JR品川イーストビル
電話:0120-571-488
Webによる受付:https://www.hitachi-solutions.co.jp/cgi-bin/products/fraud_prevention.html
Eメール:secure-pro@ml2.hitachi-solutions.com

秘文 Data Protection

カテゴリ ・ コンテンツセキュリティ
・ セキュリティサービス(クラウド型セキュリティを含む)
製品概要

情報の二次利用を手軽に防止したいと考えているお客さまや、万一、情報漏洩事故が起こった場合の対策を検討されているお客さまに適したIRM(Information Rights Management)ソリューションです。

1.簡単な利用方法で、安全なファイル保護を実現

パスワードを設定するだけで、簡単に保護されたファイルを作成することができます。事前に閲覧者の登録や、アクセス権限の設定は不要です。保護されたファイルは、参照時に編集、印刷、内容のコピー・プリントスクリーンが禁止されるため、二次利用を防ぐことができます。

2.ファイルの失効(閲覧停止)で情報の拡散を防止

保護されたファイルは、作成者側が閲覧を停止させ、失効させることができます。閲覧者がパスワード認証に一定回数失敗するなど、ファイルの流出が疑われる操作が検知された場合は、通知メールが管理者に届きます。これにより情報流出の予兆を知ることができ、速やかに保護されたファイルを失効させることが可能になります。

3.クラウドでサーバ提供することで導入・運用コストを低減

サーバ機能は、クラウドで提供します。これにより導入時のサーバ構築作業や運用時のサーバメンテナンス作業が不要となるため、導入・運用コストを抑えられます。

詳細URL http://www.hitachi-solutions.co.jp/hibun/sp/pickup/pickup10.html
提供会社 株式会社 日立ソリューションズ
お問い合わせ先 株式会社日立ソリューションズ  営業統括本部 ハイブリッドインテグレーションセンタ
〒140-0002 東京都品川区東品川4−12−7
電話:0120-571-488
Webによる受付:https://www.hitachi-solutions.co.jp/cgi-bin/form/hibun/contact/

バックナンバー

2014年

Secureplaza目的別セキュリティ製品一覧です。

目的別製品マップ