ページの本文へ

Hitachi

セキュリティソリューション Secureplaza

2010年4月のホットな製品

統合セキュリティログ管理ソリューション 「SecureEagle/SIM」

カテゴリ ・セキュリティサービス(クラウド型セキュリティを含む)
・セキュリティマネジメント
製品概要

クラウド環境の利用拡大により、組織外環境における機密情報の漏えいへの対策やクラウド環境に対する監査対応など、企業は業務運用上の新たな課題に直面しています。これら運用上の課題を、セキュリティ状況の統合的な監視とレポーティングによって解決するのが、統合セキュリティログ管理ソリューションSecureEagle/SIMです。

ソリューションの特長

  • サーバやセキュリティ装置、ネットワーク機器(約300種類)が発するログをエージェントレスで収集し、リアルタイムな分析が可能。
  • 相関分析によって従来の個別にログを分析していた場合と比べ、分析に要する時間を大幅に短縮。
  • 膨大なログから、ITガバナンスの健全性を証明するための監査レポートを自動生成することにより、監査対応工数を削減。
  • これらの機能によって、企業で必要となるセキュリティ監視・管理業務を一括してサポート。

アウトソーシングサービスの提供

  • 日立ソリューションサポートセンタが、リモートよりSecureEagle/SIMを管理・運用、お客様へのレポーティングを行うことによって、運用効率を最大限まで向上。
  • ログ収集、分析のためにインフラを構築・導入する必要がなく、初期投資を大幅に抑制し、短期間・低コストでログ管理における課題を解決。
詳細URL http://navi.e-densa.com/main/detail/secure-eagle.html 
提供会社 日立電子サービス株式会社
お問い合わせ先 ICT安心NAVI お問い合わせフォーム
https://navi.e-densa.com/cgi-bin/inquiry/web/kojinjoho.cgi

Webサイト保護ソリューション「SecureSphere」

カテゴリ ・ネットワークセキュリティ
・コンテンツセキュリティ
・サーバセキュリティ
製品概要

Webサイトの入力フィールド等に特殊な文字列を挿入するなどの攻撃により、顧客情報流出やシステムダウンなど、Webアプリケーションへの被害が横行しています。
「SecureSphere」は、Webサイトのページ構造やパラメータの正当性チェックなどを行うことで、Webサイトへの攻撃をネットワーク上で検知・防止する、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)です。

特長1:自動学習による運用工数の削減

Webサイトのページ構造やパラメータなどをネットワーク通信から自動学習し、許可ルール(ホワイトリスト)生成までを自動化。煩雑な許可ルール変更にかかる運用コスト軽減を実現します。

特長2:既存環境の変更なく導入可能なブリッジ接続型

「SecureSphere WAF」は、ブリッジ接続型であるため、プロキシ型である多くのWAF製品で問題となる既存環境への設定変更が不要。簡単に導入できます。

特長3:高性能

高速検査エンジンにより、処理遅延1ms以下を実現。エントリーモデルで、約22,000リクエスト/秒のWebサイトに対応できます。

詳細URL http://www.hitachi-system.co.jp/securesphere/
提供会社 株式会社 日立システムアンドサービス
お問い合わせ先 ネットワークセキュリティ営業部
担当者:筒井
Email:sales-ips@hitachi-system.co.jp
TEL:03-6718-5824 

Secureplaza目的別セキュリティ製品一覧です。

目的別製品マップ