ページの本文へ

Hitachi

セキュリティソリューション Secureplaza

2010年3月のホットな製品

CyberGatevisionII −ICカード、指静脈を使った入退管理システム−

カテゴリ ・物理セキュリティ(入退出管理システム)
製品概要

意外と見落としがちな組織を守る第一歩、それが入退出管理システムです。 「CyberGatevisionII」は大規模・分散拠点に点在する扉の管理を多様な要件に合わせてスムーズかつ、効率的に実施します。また実績として日立製作所および様々な事業形態を有するグループ会社にも導入・運用されています。稼働後の運用も安心してお使いいただけます。

CyberGatevisionIIの特長

1. 認証スピード、なんと0.1秒

ICカードでの認証の場合、0.1秒で認証&扉を解錠します。多くの方が出入りする場所に設置しても利用者の利便性を損なうことなく入退管理システムをお使いいただけます。

2. 多様な運用要件への対応

平日、深夜および休日では出入りする人の数も求めるセキュリティレベルも異なります。CyberGatevisionIIでは、平日定時間内はICカードのみ、平日深夜および休日はICカード+指静脈といった異なるセキュリティルールを同じ扉に対して設定することが可能です。

3. 大規模・分散拠点への対応

大規模、分散拠点での管理で、扱う扉数・ICカードが多すぎる、拠点間の管理が出来ないなど、多様な要件に対応できる製品は少ないのが現状です。しかし、CyberGatevisionIIは国内大手製造業、某官公庁への導入実績が示すとおり、大規模、分散拠点の管理も効率的に管理することが出来ます。100拠点、1000扉以上の管理実績もあります。大手企業にも安心して提案していただけます。

詳細URL 入退管理システム CyberGatevisionII
http://www.hitachi-ite.co.jp/products/cgv/index.html
提供会社 株式会社 日立情報通信エンジニアリング
お問い合わせ先 営業統括本部 拡販推進センタ 第2部
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 25階
TEL:050-3163-5775
担当:森

特権ID管理ソフトウェア 「SR-AdminSupport」

カテゴリ ・ID管理・認証系
・システム運用・管理系
製品概要

サーバOSの特権ID(administrator権限、root権限のID)を一元管理するソフトウェアです。

特長1:特権IDのライフサイクルが一元管理できます。

作業担当者と管理対象サーバが紐付いた特権IDを、登録・削除できます。特権IDの登録・削除の履歴は、管理サーバ(SR-AdminSupportマネージャ)で保持し、ログ表示できます。

特長2:特権IDの棚卸ができます。

管理対象サーバの特権IDを一覧で確認できます。またその一覧を元に、不正に登録された可能性のある特権IDを把握できます。

特長3:特権IDのパスワードを一括変更できます。

管理対象サーバの特権IDのパスワードを一括変更できます。一括変更の単位はサーバグループ毎、サーバ毎、ID毎です。

詳しくは、特権IDソフトウェア「SR-AdminSupport」のWEBサイトをご覧頂き、お問合せ下さい。

詳細URL http://hitachisoft.jp/products/sradminsupport/
提供会社 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
お問い合わせ先 日立ソフト@Sales24
〒104-0001 東京都品川区東品川4−12−7
・ TEL:(03)5479-8831
・ FAX:(03)5780-1056
・ WEBによる受付:http://sales24.hitachisoft.jp/

Secureplaza目的別セキュリティ製品一覧です。

目的別製品マップ