ページの本文へ

Hitachi

セキュリティソリューション Secureplaza

Secureplaza/TZ

物理セキュリティ

セキュリティレベルに応じたゾーニングによる入退室管理や 書類・機器等物理資産の効率的かつ安全な管理を実現します。

物理とITとの連携により高度な物理セキュリティを実現します。

入退管理や物品管理を軸に、物理とITのセキュリティ連携を実現します。

管理対象、監視内容、対策例

エリアの重要度に応じて段階的なアクセス制御と監視を行い、施設への物理的な侵入行為を防ぎます。

本人認証と経路記録による入室制御 大規模分散拠点への対応
  • 高精度な指静脈認証によるなりすまし防止
  • 豊富な認証装置(ICカード/生体認証装置/USBキーなど)
  • ルート制御やアンチパスバック(*)などによる不正なルートを経由した入退室の防止
*
記録がなければ別のフロアへの入場や退室が行えない仕組み。
  • 入退管理システムのIP化
  • 大規模システムに対応
  • 全拠点で統一カード(社員証などと兼用可能)を使用することで、管理を簡易化
サイバーシステムとの連携 物品および一時来訪者の出入管理
  • 入退管理システムと業務アプリケーション(勤怠管理など)の連携
  • 入退記録とPCログイン認証の連携(入退記録がないとPCにログイン不可)
  • ID管理システムとの連携(ディレクトリなど)
  • ICタグを用いた物品の出入管理
  • デジタルペンを用いた入退情報の電子化
  • 物品の不正持ち出し管理
映像・センサーによる監視と入退管理システムの集中管理 監視と運用のアウトソース
  • さまざまなカメラ(赤外線/動体感知など)やセンサー(温湿度/破壊など)に対応
  • 管理センターでの入退管理システムと映像の集中管理
  • 入退管理システムや画像監視装置の監視・運用を代行
  • 監視装置やメール、携帯電話への異常時の通報
  • 認証装置や監視装置などの機器を保

業務やエリアの重要度に応じて、総合的なセキュリティ対策を実現
画像を拡大する(新規ウインドウを表示)

セキュリティを考慮した紙文書のライフサイクル管理を実現します。

紙文書の出力・利用・保管・破棄の各フェーズで想定される脅威に対して適切なセキュリティ施策を実施します。

紙文書のライフサイクル管理

不正コピーの抑止対策

埋め込みにより不正コピーの抑止対策を実現します。

複写すると「複写検知模様(透かし・地紋)」が浮き上がるため、原本保証、不正コピーの
抑止対策が可能

重要文書管理

ICタグを重要文書に貼り付け、各種リーダで読み取り、重要文書を管理します。

入出庫履歴管理と棚卸管理

街全体の安全・安心を映像監視ソリューションでサポートします。

映像監視システムと画像解析の組み合わせにより、施設全体のセキュリティ高度化を実現します。

映像監視システムと画像解析の組み合わせにより施設全体のセキュリティを高度化

Secureplaza/TZ 製品一覧
日立製作所およびパートナー各社からご提供しておりますSecureplaza/TZ製品一覧のご紹介です