ページの本文へ

Hitachi

Secureplaza

Secureplazaとは

組織で守る・システムで守る・運用で守る。セキュリティ強化と課題解決に貢献するソリューションを提供します。

1セキュリティガバナンスの確立と人材育成

セキュリティガバナンスの確立

セキュリティポリシー策定や監査、リスクアセスメントなどの支援で組織のセキュリティガバナンスをトータルにサポートします。

セキュリティ人材の育成、従業員のリテラシー向上

インシデントに対応できるセキュリティ人材の育成、および従業員のリテラシー向上を支援します。

2サイバーセキュリティ対策の強化

既知・未知問わずさまざまな脅威からITシステムを防御

多様化する脅威に対抗するため、AIを活用した未知のマルウェアへの対策や多層防御によるさまざまな脅威への対応を実現します。また、クラウドを利用した管理者負担の少ないサービスを提供します。

制御システム特有のセキュリティ対策

サイバー攻撃に対する防御だけでなく、インシデント発生時における事業継続の観点での対策を支援します。

3フィジカルセキュリティ強化と業務課題解決

エリアの重要度に応じたアクセス制御・監視

エリアの重要度に応じて、ICカードや生体認証、監視カメラ・センサーなどを組み合わせた厳重なアクセス制御を行います。

映像監視・分析技術によるセキュリティ高度化

映像監視や分析技術を駆使して、リアルタイムでの不審者検知や特定人物の絞り込み・追跡を行います。

フィジカルセキュリティ利活用による業務課題解決

監視カメラ・センサーなどのデータを収集して業務を見える化し、業務課題の解決に活用します。

4情報漏えい防止とプライバシー保護

5W1Hの観点で情報漏えいのリスクを把握

いつ、どこで、誰がといった5W1Hの観点で、情報漏えいの可能性を把握し、効果的なツール導入などをご提案します。

データ持ち出し制御による情報漏えい防止

データ保護、Web/メールフィルタリング、USB接続制御など情報漏えいにつながるポイントに応じた対策を講じます。

パーソナルデータ利活用に向けたプライバシー保護

匿名化支援など、パーソナルデータの利活用を推進するためのソリューションを提供します。

5ID管理強化と利便性向上

組織における効率的なID管理の実現

利用者情報を一元管理し、認証を強化しつつ、登録・削除や権限変更を容易に行えるID管理を実現します。

特権IDのアクセス管理強化

特権IDの操作ログを取得することでユーザー特定を可能にし、内部不正のリスクを低減します。

指静脈認証を用いたセキュリティ強化と利便性向上

指静脈認証サーバと各業務システムなどの連携により、セキュリティ強化・利便性向上を実現します。

6インシデントの的確な把握と迅速な対応

適切な判断と迅速な対応を可能にする統合運用監視

情報、制御、フィジカルのセキュリティ運用を融合し、適切な判断を可能にする統合運用監視を実現します。

CSIRT構築・運用を支援

外部機関との連携や、組織での重大インシデント発生時に適切な対応策、指示を行う組織の構築・運用を支援します。

セキュリティ監視および調査・分析を支援

日々の監視・ログ収集から、インシデント発生時の原因調査や分析、復旧までを支援するサービスを提供します。