ページの本文へ

Hitachi

Secureplaza

Secureplaza

日立グループの総合力でセキュリティ強化と課題解決に貢献

セキュリティ対策はコストから投資へ

ビジネス活動におけるITの利活用は、企業の事業展開に不可欠なものになっています。そのため、セキュリティの脅威により、ひとたび企業のシステムが停止すれば、その被害は自社のみにとどまらず、サプライチェーン全体へとおよびます。システムのセキュリティは、企業経営を支える要となっており、セキュリティの強化は、今や事業継続の観点から企業の社会的責任となっています。

Secureplazaとは

組織で守る・システムで守る・運用で守る 日立のセキュリティアプローチ

組織で守る

さまざまなセキュリティリスクに備えるには、第一に、組織としての対応が不可欠です。組織においてセキュリティガバナンスを確立し、人材育成やリスクアセスメントを通じて、段階的・継続的にセキュリティレベルを向上させることが重要です。

システムで守る

日々進化する脅威からビジネスを守るにはセキュリティ対策ソフトを導入するといった単一の防御策だけでは、対応しきれなくなっています。さまざまな対策手段を複合して組み合わせた多層での防御策が必要です。

運用で守る

サイバー攻撃の多様化・高度化は、事業の継続を脅かしつつあります。
サイバーBCP*1の策定により万一の事象に備えるとともに、インシデント検知、現場での一次対処、関連情報の収集・分析、的確な対応策の策定・実行などを迅速に遂行するSOC*2/CSIRT*3の構築と経営層まで巻き込んだ体制でのセキュリティ運用が重要です。

*1 サイバーBCP:サイバー攻撃を想定した事業継続計画
*2 SOC:Security Operation Center
*3 CSIRT:Computer Security Incident Response Team


Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。