ページの本文へ

Hitachi

日立プリンティングソリューション

日頃より弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
弊社が販売しておりますカラープリンタ(Prinfina COLORCX4510)に、プリンタドライバのバージョンによって印刷結果の色味が異なるケースがあります。
お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんが、下記を確認して頂きますようお願い致します。

対象製品

モデル名 形名 プリンタドライバ種別
Prinfina COLOR CX4510(PC-PK4510) RPCSドライバ 8.67
8.70
9.00

事象

RPCSプリンタドライバを使用したカラー印刷において、Ver8.67、Ver8.7、Ver9.00のバージョンのプリンタドライバと、それ以前のバージョンのプリンタドライバとで印刷結果の色味が異なるケースがある。

対応

プリンタドライバVer9.01にてVer8.67以前の色味に統一する様、修正しました。
下記の「ドライバ/ユーティリティ検索ページ」から最新のドライバをダウンロードしてください。

最新ドライバの検索手順

  1. 「ドライバ/ユーティリティの検索」欄の「シリーズ」メニューから「Prinfina COLOR CXシリーズ」を指定して「型名表示」ボタンを押してください。
  2. 型名の一覧が表示されますので、「型名一覧」から「PC-PK4510」を選択して「検索」ボタンを押してください。
  3. ダウンロード一覧が表示されますので、対象OSの一覧からご使用のパソコンのOSを選択して、最新のドライバをダウンロードしてください。

注意事項

Ver8.67、Ver8.7、Ver9.00のバージョンのプリンタドライバをご使用の場合、最新ドライバに変更することで印刷結果の色味が異なるケースがあります。
最新ドライバを使用してVer8.67、Ver8.7、Ver9.00と同様の色味で印刷をする方法は以下となります。
まず、「デバイスとプリンター」画面からHITACHI PC-PK4510 RPCSの「プリンターのプロパティ」を開き、「全般」タブ - 「基本設定」 - 「印刷品質」タブ - 「ユーザー設定の変更」 - 「カラーマッチング」タブを開きます。
その中の「ICMを使用する」にチェックを入れるとVer8.67、Ver8.7、Ver9.00と同様の色味で印刷をすることが可能です。

代替テキスト