本文へジャンプ

日立ビジネス向けPC【FLORA】

Hitachi

FLORA Se210(RK5)

画像 FLORA Se210(RK5)の写真

モバイルモデル

使いやすさとモバイル性を追求

見やすい13.3型ワイド液晶画面を採用。厚さ21mmの薄型化と質量約1.19kgの軽量化も実現し、モバイルワークに必要な使いやすさと携帯性を兼ね備えています。

テレワークの生産性をより向上

Webカメラ内蔵モデルを用意。テレワーク時にもオフィスと同様のコミュニケーションをとりやすい環境構築には、必須アイテムです。

画像 Webカメラ、マイクの写真

充実した節電機能と長時間バッテリー駆動

標準時の消費電力は、わずか6W。また、真夏の日中など電力消費のピーク時間帯には自動でバッテリー駆動に切り替わるピークシフト機能や、最大消費電力を抑制しながら動作する機能をサポート。さらに、バッテリーパック(L/オプション)搭載時は約11.2時間 *1 の長時間駆動が可能なため、外出時も余裕を持って業務を継続できます。

  • *1 JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0)での測定値。JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.2.0)での測定値は約7.8時間。

節電機能、バッテリー関連機能について

標準搭載のFLORA パワーマネジメントツールにより、節電機能、バッテリー関連機能をサポートします。
主な節電機能、バッテリー関連機能を説明します。

1. ピークシフト機能
電力消費のピーク時間帯にAC駆動から自動でバッテリー駆動に切りかえる機能です。
バッテリーの充電開始時間も深夜などに設定できます。

画像 ピークシフト機能の説明図

2. 省電力(ECO)モード機能
ECOボタン(Fn+F4)を押すことで、省電力(ECO)モードと通常モードを切り替えることができる機能です。
省電力モード時はプロセッサの最大処理能力を約50%以内に抑制します。

3. 充電容量切替ツール
バッテリーの充電容量を満充電時より低くすることによってバッテリーの寿命を延ばすことができます。
充電容量切替ツールを使用すると、バッテリー容量が満充電の約80%になった時点で充電を終了します。

4. バッテリチェッカー
バッテリーは使用を重ねると劣化し、駆動時間が短くなります。
バッテリチェッカーはバッテリーの寿命を「正常」「注意」「警告」の3段階で確認できます。

画像 バッテリチェッカーの説明図

ノートパソコン取り扱いに関するご注意

日立FLORAの中でも特にノートパソコンをお使いいただく上でのお取り扱い注意事項について、ご案内させていただきます。ビジネスに欠かせなくなったノートパソコンですが、薄さ、軽さを追求した弊社ノートパソコン(以下、装置)を長くご愛用いただくためにも、以下ご一読いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

カラー液晶ディスプレイについて

液晶ディスプレイは、画面の一部にドット欠けや常時点灯が存在する場合がありますが、故障ではありません。あらかじめご了承ください。
「有効ドット数の割合は99.99%以上です」有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です。

無線LAN規格

FLORA Se210(RK5)の無線LAN規格
無線LAN規格 通信速度(理論値) 周波数帯 使用可能チャンネル セキュリティ
IEEE802.11a
(W52/W53/W56)
最大54Mbps 5.150〜
5.350GHz
5.470〜
5.725GHz
36/40/44/48/
52/56/60/64/
100/104/108/112/
116/120/124/128/
132/136/140ch
WEP(64bit/128bit)
WPA
WPA2
IEEE802.11g
IEEE802.11b 最大11Mbps
IEEE802.11n 最大300Mbps 2.400〜
2.484GHz
5.150〜
5.350GHz
5.470〜
5.725GHz
1〜13ch
36/40/44/48/
52/56/60/64/
100/104/108/112/
116/120/124/128/
132/136/140ch
WPA2
  • 内蔵無線LANはIEEE802.11a/b/g/nに準拠しています。
  • 無線LANは日本国内の法律に基づいて開発されています。海外で使用すると罰せられる場合があります。
  • 内蔵無線LANのアドホック通信は、サポートしていません。
  • IEEE802.11aおよびIEEE802.11nのW52/W53(5.150〜5.350GHz)は屋内でのみ使用可能です。
  • 表示の通信速度は、本製品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
  • 通信速度は、電波状況や無線LAN端末の数によって低下する場合があります。
  • 内蔵無線LANはIEEE802.11nのハイスループットモード(HT40)をサポートしています。ただし接続する無線アクセスポイントがHT40に対応している必要があります。
    また、通信が不安定になる場合は電波干渉などの可能性がありますので、無線アクセスポイントの設定でHT40の機能を無効にしてください。この場合、通信速度の理論値は最大150Mbpsになります。
  • IEEE802.11bの14chはサポートしていません。
  • 内蔵無線LANは認証方式Cisco:LEAP/PEAP/EAP-FASTをサポートしています。
  • Wake on Wireless LANはサポートしていません。

ビジネス向けPC【FLORA】の製品に関するお問い合わせはHCAセンタへ

お客さまは、「個人情報の取り扱い」にご同意いただいたうえでご連絡をお願いします。 「個人情報の取り扱い」にご同意いただけない場合には、当グループが提供するお問い合わせサービスがご利用いただけない場合があります。16歳以下の場合は保護者の方の同意を得たうえでお問い合わせください。

画像 フリーダイヤル