本文へジャンプ

日立ビジネス向けPC【FLORA】

Hitachi

シン・クライアント FLORA Seシリーズ

モバイル環境でもオフィスでも、
使いやすさと高いセキュリティを実現

画像 FLORA Seシリーズのイメージ写真

本体内への情報蓄積を抑止し、大切な情報の漏えいを防ぎます。効率的な導入・運用も可能です。

  • 運用スタイル、セキュリティポリシーなど、ニーズに合わせて、最適なモデルを選択できます。
    • プレーンOSモデル
      システム管理者による環境設定・変更が可能で、一般的なシン・クライアントと同等の運用ができます。 必要に応じて、マスタ(内蔵するOSなどのソフトウェア)の設定変更や、通信カード用ドライバのインストールなどが可能です。
    • 標準モデル(FLORA Se330 BU3のみ)
      各種セキュリティ設定をあらかじめ日立で施して出荷する、強固なセキュリティを実現した高機能モデル。内蔵フラッシュメモリーやUSBインタフェースを経由したデータ出力を抑制し、PCからの情報持ち出しを防ぎます。 さらに、個人認証デバイスKeyMobileの利用で、なりすましを防止します。また、出張先やオフィスでのネットワークの選択が容易な接続選択用ソフトウェア(ランチャー)を標準搭載。通信ソフトウェアなどをあらかじめ組み込むことで、環境構築の手間を軽減します。
  • 内蔵フラッシュメモリー、またはネットワーク経由でマスタをリカバリ可能。マスタ更新時のアップデート作業を効率化できます。

従来機種・モデル一覧

詳細は「従来機種・モデル一覧」のページをご覧ください。

カタログダウンロード

詳細は「カタログダウンロード」のページをご覧ください。

注意事項

詳細は「注意事項」のページをご覧ください。

ビジネス向けPC【FLORA】の製品に関するお問い合わせはHCAセンタへ

お客さまは、「個人情報の取り扱い」にご同意いただいたうえでご連絡をお願いします。 「個人情報の取り扱い」にご同意いただけない場合には、当グループが提供するお問い合わせサービスがご利用いただけない場合があります。16歳以下の場合は保護者の方の同意を得たうえでお問い合わせください。

画像 フリーダイヤル