ページの本文へ

Hitachi

日立ビジネス向けPC【HP製】

PCの盗難や紛失時に、データを抜き取られたらどうしよう…

PCに機密情報を含むデータを残さないことが大切です。

オフィス、自宅、取引先など、場所をとわずPCを使用して仕事する時代。
そんな中、PCの盗難や紛失が起きれば、PCに保存されている機密情報が漏れ、重大なセキュリティ事故を起こしかねません。
ひとたび情報漏えいが起きれば、情報資産を失うだけでなく、顧客からの信頼も失ってしまいます。
従業員の多様な働き方を実現しながら、企業の情報を守るにはどうすればよいでしょうか。

課題解決のカギは「PCに機密情報を含むデータを残さない」こと。
万が一、PCの盗難や紛失が起きた場合でも、PCに機密情報を含むデータが保存されていなければ、大切な情報資産を守れます。

課題

PCの盗難や紛失が起きた場合でも、情報漏えいが起きないように対策するにはどうすればよいでしょうか。

万が一に備えて、PC内に機密情報を残さないようにしましょう。イメージ図:PCの盗難や紛失と情報漏えいの発生・防止

PCデータ揮発型セキュリティサービスが解決

シャットダウン時にデータが消去されるように必要なソフトウェアをインストールし、セキュリティ設定を施します。

日立では、PCをシャットダウンしようとすると、内蔵ストレージに書き込まれたデータを自動的に消去するソリューションをご用意しました。
シャットダウン時にデータを自動消去するように書き込み保護ソフトウェアをインストール。さらに、日立が培ってきた経験を基に独自のセキュリティ設定を施します。
日立があらかじめソフトウェアをインストールし、設定を施したPCをお届けします。お客さまがお持ちのPCにインストールや設定を施してご利用いただくこともできます。

PCデータ揮発型セキュリティサービス

イメージ図:PCデータ揮発型セキュリティサービスの概要

Point1 高度な情報漏えい対策を実現

シャットダウン時のデータ自動消去と日立独自のセキュリティ設定で、高度な情報漏えい対策を実現します。

  • ユーザーデータはOneDrive®に自動保存。シャットダウン時に内蔵ストレージに書き込まれたデータを消去することで、PCの盗難や紛失時の情報漏えいを防止できます。
  • 日立独自のセキュリティ設定で、不正持ち出しによる情報漏えいを防止できます。
Point2 ユーザーの利便性はそのまま

機密性の高いデータだけを消去するため、ユーザーの利便性を損ないません。

  • 機密情報ではない、アプリケーション情報や辞書データなどはPCにそのまま保存できます。
  • 統合クライアントサービスの「EMM(エンタープライズモビリティー管理)サービス」と連携すれば、カタログからアプリケーションを簡単にインストールできます。
Point3 Microsoft 365(R)の利用をより快適に

OneDrive®をはじめとしたMicrosoft 365®のアプリケーションやサービスは、インターネットに直接接続してご使用いただけます。

  • テレワークの推進でデータ通信量が増加する中、イントラネット(VPN)の通信量を削減できます。
  • ユーザーはVPN通信速度の低下などの影響を受けずに、Microsoft 365®を使用した業務を継続できます。

サービスメニュー

充実したサービス内容で手厚くサポートいたします。
PCを安全に安心してご利用いただくために、サービスメニューを2つご用意しています。(2021年1月販売開始予定)

1.PCデータ揮発型セキュリティサービス
サービス内容 ① 本サービスで利用する書き込み保護ソフトのライセンス、インストールメディアの提供
② 書き込み保護ソフトの設定やOSカスタマイズ、OneDrive®連携の設定に関する設定手順書の作成・提供
③ PCに② の設定を適用するための設定用バッチファイルの作成・提供
④ ①〜③の設定・利用方法に関する導入時の技術支援(メールによる問い合わせ回答)
⑤ Microsoft 365®のトラフィックをインターネット経由にするWindows® 10 VPNクライアントの設定に関する技術支援(メールによる問い合わせ回答)
サポートOSWindows® 10 Pro
2.PCデータ揮発型セキュリティサービス向けサポートサービス
サービス内容 ① 書き込み保護ソフトの修正パッチの提供
② 1.のサービスの提供物、および、① の設定・利用方法に関する導入後の技術支援
 (メールによる問い合わせ回答)

また、そのほか、システム管理者の負担を軽減するサービスやソフトウェアをオプションでご提供することが可能です。詳しくは、下記の窓口よりお問い合わせください。

*
記載されている仕様は、製品の改良により予告無く変更になることがあります。