本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ AP7000

コンセプト

確かな信頼性と、しなやかな柔軟性で、ビジネスを支え続ける
エンタープライズサーバ「AP7000」

信頼性と柔軟性を両立したITプラットフォーム

いつの時代も、ITプラットフォームに求められるもの。
それは、情報資産を継承しながら、サービスを止めない高信頼性と、環境変化に対応し、サービスを広げる柔軟性です。
オペレーティングシステムに、VOS1/LS、VOSK/LSを採用した日立のエンタープライズサーバ「AP7000」は、ミッションクリティカルな基幹業務を支える高い信頼性と業務の変化に迅速に対応する柔軟性を両立。
時代を超えてビジネスを支え続けるサーバがここにあります。

  • * VOSK/LS:Virtual-storage Operating System Kindness/Leading System Product
    VOS1/LS:Virtual-storage Operating System 1/Leading System Product

概念図

特長

統合運用支援

管理者の負担を軽減するマルチサーバの統合運用を支援。
運用管理コストであるエンタープライズTCOの最適化を実現します。

  • オープンシステムとのシームレスな融合
  • 通報システムによる運用コストの削減
  • * TCO:Total Cost of Ownership

基幹帳票のオープン対応

基幹帳票のオープン環境での印刷や電子化を実現。
帳票業務の円滑化、効率化を支援し ます。

  • オープン環境での基幹帳票の印刷と表示

データベースの戦略活用

エンドユーザによる基幹データベース活用や、オープンシステム環境のデータベースとの
連携など幅広い業務形態に柔軟に対応できます。

  • 基幹データベースとオープンデータベース間のデータ連動
  • リレーショナルデータベースをシステムの基本として採用(VOSK/LS)

高性能・高信頼基幹サーバ

システムの中枢を担う基幹サーバとして高性能・高信頼を追求。
パワフルな処理能力と安定したパフォーマンスを発揮します。

  • RAID1構成の内蔵ディスクおよび日立ディスクアレイシステムによる高信頼性の確保
  • 先進のチップテクノロジーを投入したPOWERアーキテクチャプロセッサを搭載
  • 業界標準幅(約483mm)ラックマウントによるオールインワンシステムの実現