本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

従来、メインフレーム集中型であった業務システムの形態は、C/Sシステムを経てWeb3階層型中心へと大きく変貌しました。しかし、どんな状況になろうと決して変わらない信頼性への厳しい要求。業務システムの根幹となるデータベースサーバがダウンすれば、ビジネスは停止し、その企業の属するサプライチェーンの流れも停滞してしまいます。それは、単純にビジネスチャンスを失うだけでなく、企業価値の低下へとつながる流れです。日立は長年のメインフレーム開発のDNAを継承し、ハードウェア、ソフトウェア、サービスすべての領域で「信頼性」にこだわった「EP8000×HiRDB高信頼データベースサーバ」をご提供。企業活動の基盤となる情報システムの安定稼働を実現し、お客さまの企業価値創造を支えます。

画像:EP8000×HiRDB高信頼データベースサーバ

止めないための高信頼化への取り組み

業務を「止めない」ことを大前提に設計されてきたメインフレームのDNAを継承する EP8000とHiRDB。そして、このハードウェアとソフトウェアの融合を図り、数々の高信頼・高可用性技術に基づくノンストップ指向のデータベースサーバを提供します。たとえば、待機系サーバへの系切り替えにおいては、十数秒という世界最高レベルの性能を達成。メインフレーム開発のDNAを継承するオープンサーバが、ミッションクリティカルシステムの安定稼働を支えます。

トラブルを未然に防止する「厳しい品質検査」

お客さまの納入構成での厳しい品質検査により、導入初期段階のトラブルを未然に防止。さらに、ハードウェア障害時には、故障箇所の早期検出・診断により障害部位の動的な切り離しを行うなど、さまざまなシーンにおいて高可用性を実現します。また、サービスを継続したままの迅速な復旧も可能です。

業務を止めない「高速系切り替え」

十数秒という世界最高速レベルの系切り替え処理を実現するために、日立製クラスタソフトウェア「HAモニタ」との連携による障害検知時間の短縮に加え、ハードウェアレベルでの切り替え時間を短縮する「系切替機構」やAIX拡張機能「HA Booster Pack for AIX」を独自開発。日立だけの最先端技術により、ミッションクリティカルシステムの安定稼働を支えます。

図:高速系切り替え

画像:EP8000×HiRDB高信頼データベースサーバ

ダウンタイムをゼロにする「トランザクションキューイング機能」

十数秒というごくわずかな系切り替え時間でも、爆発的なトラフィックを要する業務では多数のトランザクションがエラーになります。HiRDBでは、この間の新規トランザクションをキューイングすることで、利用者はシステムダウンに煩わされることなく、業務を継続することができます。

高性能と高可用性を両立する「Active-Activeクラスタ」

サーバ障害が発生しても、残りの実行系サーバに負荷分散できるActive-Activeクラスタ(スタンバイレス系切り替え)に対応し、高性能と高可用性の両立を実現します。

迅速な復旧への取り組み

システムの高度化・複雑化が加速する今、障害部位を特定し、復旧する作業はとても難しい作業です。わずかな停止であっても大きなビジネスチャンスの損失に繋がってしまう中、迅速なサポート体制は不可欠となっています。そこで日立は、万一の際には迅速な復旧支援でシステムの安定稼働を力強くサポート。お客さまの環境に合ったきめ細かなサポートサービスで、ミッションクリティカルシステムをしっかりと支えます。

迅速かつ的確な問題解決

各システム要素がブラックボックス化したオープンシステム環境において、万一の際に障害部位を切り分け、原因を究明することは容易ではありません。 EP8000×HiRDBでは、高信頼システムを支える主要コンポーネントを自社開発。開発技術者直結のサポートで、データベースのロジックまでもを考慮した原因究明と対策により、復旧までの所要時間を大幅に短縮します。

AIX®に対する高信頼サポート

OS(AIX®)で問題が発生した場合でも、日立メインフレームやUNIX OSの開発経験者がAIXソースコードを解析し障害調査を実施。日立が緊急パッチを提供するなど、迅速かつ的確に対応します。

エラートレース機能強化よる迅速な障害原因究明

例えば、サーバとストレージをつなぐFCアダプタや日立ディスクアレイサブシステムドライバにおいて、障害原因を特定するためのきめ細かなトレース情報を取得できます。これにより、万一の際には十分な情報に基づき、的確な対策をすばやく実行できます。

FC:Fibre Channel

高信頼な運用支援

高信頼な運用を支える「ASSISTシステム」では、お客さまのサーバから通報されたイベント(事象)を「日立ソリューションサポートセンタ」に自動通報。蓄積された情報を専門技術者が解析し、必要に応じてお客さまへの連絡やサービス員の派遣を行います。

ASSIST:Advanced Service Support Information System Technology

クラスタシステムの構築を迅速かつ的確に。 「プラットフォームソリューション」

高信頼データベースの基盤となるクラスタシステムの構築において、求められる高信頼性を実現するためには、ハードウェア、OS、ミドルウェアなど、多岐にわたりきめ細かな設定やチューニングが不可欠です。そこで日立は、高度化・複雑化するクラスタシステムの設計・構築に精通し、EP8000とHiRDBによるシステム構築の要所を把握したスペシャリストによるプラットフォームソリューションを提供します。手間のかかる設計・構築作業からお客さまを解放し、短時間で、より高品質なプラットフォームをお届けします。

高品質なプラットフォームソリューション

クラスタシステム構築の専門スキルを持つスペシャリストが、EP8000、HiRDB、HAモニタの開発技術者と緊密に連携しながら、お客さまシステムの設計、構築、動作確認までをワンストップでサポートし、高品質なプラットフォームを提供します。

スピーディーなシステムコンサルティング

経験豊富なコンサルタントが、日立内で検証済みかつ実績のあるシステム構成をベースに、お客さまの業務要件に適切なクラスタシステムをすばやく提案します。さらには、システムの可用性や将来にわたる拡張性も視野に入れて対応することで、お客さまビジネスの発展を支えます。

導入効果 「営業支援システム」

システム要件

  • 全国100店舗、1,700台の端末から利用され、ピーク時には4万件/時の取引を処理しなければならない。
  • 顧客が窓口で記入する伝票の読み取りから承認までをすべてワークフロー化している。
  • 平日9時から17時までのシステムダウンは、全国の窓口サービス停止につながる。

金融業のお客さまの声

サーバ障害さえも気にせずに済む、その安心感と性能が魅力です。
全国の端末から一斉にデータが送信されるピーク時でも想定を上回るレスポンスと抜群の安定性能を示しました。たとえ、実行系サーバに障害があったとしてもごくわずかな時間で待機系に切り替えられるので、サーバ障害に煩わされずに業務を進行できます。それだけでなく、そもそもトラブルが圧倒的に少ないのが、国産製品ならではの魅力です。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。