本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

金融機関や社会インフラ企業などでまだまだ利用されている専用線や公衆回線などのレガシー回線。
EP8000では回線アダプタや回線切替装置を提供しており、社会を下支えする基幹システムにご利用いただくことができます。

回線切替装置

2台のEP8000(本番、待機等)と網側装置の間に接続することで、EP8000側の接続先を切り替えることが可能となる装置。

回線切替装置
装置名 V24インタフェース 回線切替装置 X21インタフェース 回線切替装置
用途/特徴
  • 1台の装置で最大8チャネルの回線を切り替え可能
  • RS232-Cを用いたリモート制御による回線切り替えが可能
  • 切替制御インタフェースを、最大2台までカスケード接続可能
  • オプションのレールキットを使用して19型ラック筐体へ搭載可能
回線インタフェース V.24 X.21
回線数 8
外形寸法(W×D×H:mm) 432×240×213.3
ラック占有領域 5U*1
質量(最大)(kg) 12
電源仕様 電圧(V) 100〜120(単相)
周波数(Hz) 50または60
*1
ラック搭載時の占有サイズ(1U=44.45mm)。
*
記載されている仕様は、製品の改良により予告無く変更になることがあります。

回線アダプタ

HDLC,HSC1/HSC2,NCSBそれぞれの手順に対応した回線アダプタを準備しています。

アダプタ名 HDLC 4回線アダプタ HSC1/HSC2 4回線アダプタ NCSB 4回線アダプタ
回線インタフェース V.24 および X.21 V.24
回線数 4*1 4*2 4
システム装置側
インタフェース
PCI Express 1.1
*1
通信速度32kbps以上の場合は2回線、通信速度768kbps以上の場合は1回線。
*2
通信速度32kbps以上の場合は2回線。
*
記載されている仕様は、製品の改良により予告無く変更になることがあります。