本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

お客さまにマッチしたきめ細かな高信頼サポートサービスで、
ミッションクリティカルシステムを強力にバックアップします。

企業のライフラインであるミッションクリティカルシステムには、さらなる安定稼働が求められています。そこで、的確な予防保守や、万一の障害時における迅速なパッチ提供、お客さまの資産を長期にわたって活用できるハードウェア長期保守、頻繁なシステム更新作業を軽減するOSバージョン固定保守など、充実したサポートサービスを用意。お客さまシステムの安定稼働を強力にバックアップします。

迅速・的確な障害対応

サービス対応技術者として、メインフレームやUNIXカーネルの開発・保守経験が豊富な技術者を結集。複雑な問題に対しても迅速かつ的確に問題解決を支援するために、障害発生時にはトラブルシュート技術者が窓口で復旧支援を行なうとともに、後方支援の製品技術者がAIXの保守機能、専用ツール、ソースコードを活用して対応します。また、AIXとしての一貫性を保持し、ワールドワイドの新規不良にも迅速に対応するために、日立の技術者が米国IBM社の開発チームやサポートチームの中に常駐し、米国IBM社とダイレクトに連携。さらに高付加価値サポートサービスでは、User System Profile(お客さまシステムの構成情報)を管理・活用することで、お客さまとの密接な関係を保ち、お客さまの要望に合ったサポートや、必要に応じて日立によるパッチの作成・提供を行ないます。

的確な予防保守情報の提供

お客さまシステムの安定稼働を支援するために、お客さま専用ホームページにて的確な予防保守情報を提供します。パッチの信頼性を高めるために、米国IBM 社で確認済みのパッチを日立ミドルウェアと組み合わせて再評価し、予防保守情報としてそのエッセンスを付加し、お客さまに提供しています。また、高付加価値サポートサービスでは、予防保守を目的としたソフトウェア環境ヘルスチェックの実施により、課題の芽を早期に摘み取ります。

長期稼働保守

オープンサーバの頻繁なシステム更新作業、バージョンアップ作業からお客さまを解放し、お客さまの資産を長期にわたって活用できるハードウェア長期保守/OSバージョン固定保守サービスを用意。一度構築したシステムを、EP8000システム導入後、最長10年までサポートします。

ニーズに合わせて選べるサービスグレードとオプションサービス

EP8000シリーズのサポートサービスは、「日立サポート360」をご利用ください。
「日立サポート360」は、ハードウェア、ソフトウェアにまたがる問題の解決を支援するマルチプラットフォーム対応型の総合サポートサービスです。
サービス商品を、お客様システムの規模や重要度に合わせて選べる3つのグレードに分けて提供いたします。また、サービスグレードに加え、各種オプションサービスを用意しています。また、サービスグレードそれぞれに、深夜休日を問わず稼働し続けるシステム向けの「24時間週7日対応サービス」と、平日の日中に稼働するシステム向けの「平日8時から19時対応サービス」の2つのサポートサービスを用意しており、お客様の運用形態に応じて、いずれかをお選びいただけます。

画像:日立サポート360概要

日立サポート360

スタンダード

日々のメンテナンス業務を軽減するための基本的なサービスを提供します。

  • 問題解決支援
  • 情報提供
  • 改良版提供

プレミアム

スタンダードに加え、万一のシステム障害による停止時間を最小限に抑え、またシステム診断により障害の発生率を低減できるサービスを提供します。

  • 問題解決支援
  • 情報提供
  • 改良版提供
  • 特別体制配備
  • ソフトウェア環境ヘルスチェック

スーパープレミアム

プレミアムに加え、重度障害に対する解決策の提示までの目標期間を設定、システム停止のリスクを最小限に抑えるサービスを提供します。

  • 問題解決支援
  • 情報提供
  • 改良版提供
  • 特別体制配備
  • ソフトウェア環境ヘルスチェック
  • ソフトウェアに対する対策目標の設定
  • アカウントサポート

オプションサービス

  • プロブレムアナリシスノート提供
  • ハードウェア設置環境ヘルスチェック
  • オンサイト資料採取サポート
  • サーバ回復サポート
  • バージョン固定保守
  • ハードウェア保守期限延長

サーバのハードウェア保守につきまして「ハードウェア保守統括サービス(株式会社 日立システムズ のWebサイトへ)」をご利用ください。