本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

企業の経営資源であるデータを安心して活用できる、
高稼働率のストレージシステムを実現します。

情報ライフラインを支えるミッションクリティカルサーバは、高可用システムであることが求められています。EP8000シリーズでは、高性能・大容量な日立ディスクアレイサブシステムとの連携を強化し、企業の情報システムのデータを安心して活用できる高信頼ストレージシステムを実現します。

エラートレース機能による迅速な障害原因究明

サーバとストレージをつなぐFCアダプタはシステムのメインパスであり、障害発生時には迅速な原因究明が必要です。そこで、FCアダプタの各種エラートレース情報の採取機能を強化。また、日立ディスクアレイサブシステムドライバにおいても障害情報の採取機能を強化しています。これらの機能の組み合わせにより、PCI障害、ハードウェア障害、FCパス障害などさまざまな障害原因究明を迅速に行います。

  • * FC:Fibre Channel
  • * PCI:Peripheral Components Interconnect bus

高信頼な日立ディスクアレイサブシステム ブートディスク化をサポート

日立ディスクアレイサブシステムをブートディスクとして接続し、RAID構成によるシステムディスクの高信頼化を実現。また、日立ディスクアレイサブシステムに搭載されている高性能ディスクキャッシュ機能により、入出力レスポンスを高速化します。

  • * RAID:Redundant Arrays of Inexpensive Disks

日立ディスクアレイサブシステムとの密接な連携を実現

日立ディスクアレイサブシステムドライバは、標準状態でも日立ディスクアレイサブシステムの性能を十分に引き出す設定となっており、業務に合わせた適切なチューニングも行えます。業務内容に即したさまざまな入出力監視を可能にするとともに、障害情報の採取機能を強化し、保守性の向上と迅速なサポートを実現しています。

障害FCパスの迅速な縮退・交代を実現

サーバとストレージ間のデータ入出力のロードバランスを行うJP1/HDLMにより、FC パスのアクセス性能を最大限に引き出します。さらに、FC パスの障害情報を自動的に検出し、FCパスの縮退運転を行うことで、ストレージの高可用化を実現します。

  • * JP1/HDLM:JP1/HiCommand Dynamic Link Manager

データ入出力パス管理JP1/HDLM

画像による説明:データ入出力パス管理JP1/HDLM

高信頼ストレージ連携を支える技術

画像による説明:高信頼ストレージ連携を支える技術