本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

十数秒という世界最高水準の系切り替え速度を実現。
ミッションクリティカルシステムのノンストップ運用を支えます。

日立では、クラスタシステムのホットスタンバイ方式による高速な系切り替えを、HAクラスタ管理ソフトウェア「HAモニタ」、スケーラブルデータベース「HiRDB」、および分散トランザクションマネージャ「OpenTP1」の連携により実現。さらにEP8000シリーズでは、独自機能として系切替機構およびAIX拡張機能「HA Booster Pack for AIX」を開発し、最短で十数秒という世界最高水準の系切り替え処理の高速化を実現しています。

  • * HA:High Availability

HA Booster Pack for AIXによる高速切り替え

HA Booster Pack for AIX(以下HA Booster)では、系切り替え時間をよりいっそう短縮するために、OS障害通知機能と高速ディスク切替機能を提供しています。

OS障害検出時間を高速化するOS障害通知機能

実行系のHA Boosterでは、OS障害を検出すると、系切替機構を経由して障害発生を直ちに待機系に通知。待機系では、aliveメッセージの途絶検出を待たずに切り替え処理を開始し、障害の検出時間を1秒以下に短縮します。系切替機構とは、実行系と待機系のHAクラスタソフトウェア間でaliveメッセージ、リセット信号、およびOS障害情報を高速・確実に伝達するためのハードウェアです。

システム規模に依存しない高速ディスク切替機能

一般に、共有ディスク容量が多く、そのボリュームグループ数が多くなるほど、実行系から待機系への共有ディスクの引き継ぎに時間がかかります。HA Boosterは、一つまたは複数のボリュームグループに対するアクセスの許可/禁止の一括設定を実現。複数のボリュームグループの切り替えを一括で行えるため、システム規模に依存せず高速に共有ディスクの切り替えが行えます。

高速ディスク切替機能の効果

画像による説明:高速ディスク切替機能の効果

ホットスタンバイ構成によるミッションクリティカルシステムの実現

画像による説明:ホットスタンバイ構成によるミッションクリティカルシステムの実現