| HITACHI HOME | UP | SEARCH | HITACHI

News Release

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。


平成9年4月14日

世界で初めての新画面サイズ19型超高精細マルチスキャンカラ−ディスプレイ「CM751J」を発売

−ディスプレイ本体の奥行きは当社17型ディスプレイと同等のコンパクト省スペース設計−


 日立製作所は、この度、CDT(Color Display Tube)としては、世界で初めて の新しい画面サイズである19型超高精細マルチスキャンカラ−ディスプレイ 「CM751J」を各種コンピュ−タ用として製品化し、日本国内向けとし て6月20日より発売します。本製品は、当社が既に製品化している21型マルチスキャンカラーディスプレイの高画質・高機能はそのままに、コンパクトな省スペ−ス設計により、当社17型ディスプレイと同等の奥行きを実現しました。本製品はDOS/VパソコンからPC−9800シリーズ、Macintosh、各種CAD/CAM及びハイエンドグラフィックボードへの対応が可能です。

<型式・価格>

 商 品 名
               :19型マルチスキャンカラーディスプレイ
 型  式
               :CM751J
 標準価格(税別)
               :198,000円
 発 売 日
               :6月20日
 初年度生産台数
               :30,000台/年


(付属品:電源コ−ド、信号ケーブル、取扱説明書)
 現在、パソコン用ディスプレイのサイズは15/17型が主流となっていますが、 Windows*の普及や拡張ボードを装着することにより、さらに高解像度の表示を実現 するパソコンCADなどが一般化し、さらなる高解像度化が進んでいます。また、 ディスプレイも、より大きな画面サイズが求められる傾向にあります。しかしなが ら、21型ではコスト高や設置スペ−スの問題等から17型を使用しているユ−ザ −が少なくありませんでした。

 今回、このようなニ−ズに対応するため、17型と21型の間に「19型」とい う新しい画面サイズのディスプレイ「CM751J」を世界で初めて製品化しまし た。
「CM751J」は水平走査周波数を31kHzから96kHzまでカバーし、最大 「1,600ドット×1,200ライン(75Hz)」までの表示が可能で、高解像度でチラツキの 少ない画面を提供します。画面調節機能は、21型と同様に、当社独自の画面歪み 調節機能として「右側独立台形歪み調節機能」と「右側独立サイドピン歪み調節機 能」を採用し、より画面調節が行い易くなっています。
その他、パワ−セ−ブ機能・Plug & Play機能(VESA(注1)DDC(注2) 1/2B適合)を搭載した上、低漏洩電磁界(MPR-興犁(注3))に対応し、家電・汎 用品高調波抑制ガイドライン(注4)にも対応しています。
なお、輸出仕様の製品は、日本国内向けと同時期に製品出荷を開始し、輸出のみ で40万台/年を見込んでいます。

なお、本製品は4月16日からパシフィコ横浜において開催される「電子ディス プレイ展」に出品します。
(注1)米国のディスプレイの標準化を図る団体。 (注2)パソコンや周辺機器を使用する際の煩雑さを解消するため、パソコンと相 互にデ−タのやりとりを行い、最適の状態でディスプレイを表示する為の 規格。 (注3)スウェ−デンの低漏洩電界・磁界に対する規制。 (注4)資源エネルギ−庁公益事業部長通達(6資公部第378号)に基づくガイ ドライン <「CM751J」の特徴>
1.ブラウン管
i ハイコントラストブラウン管(透過率46%(従来の当社21型は51%))を 使用し、黒をより黒く見せ、メリハリのあるコントラストのついた画像を表示 します。 ii ブラウン管の全長を当社21型比36mm短縮。 iii A-EA-MDF(Multistep Dynamic Focus)電子銃により,高輝度時でもフォ−カ スを損なわない、シャ−プな画像を提供します。 2.省スペ−ス設計
組立構造を工夫したコンパクトな省スペース設計により、ディスプレイ本体の奥 行きは、当社17型と同等です。設置スペースが小さくて済むため、オフィスだ けでなく家庭用のディスプレイとしても適しています。 3.調節内容のオンスクリ−ン表示
画面サイズ/画面位置/画面歪み/画面傾き等の調節は、前面コントロールパネ ルでダイレクトに選択でき、その調節内容は従来機種よりさらにわかりやすいオ ンスクリ−ン表示により、ユーザーが簡単に調節操作できます。 4.当社独自の画面歪み調節機能
「右側独立台形歪み調節機能」と「右側独立サイドピン歪み調節機能」の採用によ り、従来、左右のバランスをとりながら何度も繰り返し行なっていた画面両端の 歪み調節を独立に調節することにより、繰り返し調節なしに最適状態に設定する ことができます。

5.ユーザー調節した画面状態を登録
工場出荷時点では、一般的に使用される5種類の信号タイミングで画面の調整が あらかじめ行われています。ユーザーが使用状態に合わせ調節した画面(画面サ イズ/画面位置等)も21モード登録することができます。

6.モワレ軽減調節機能
ブラウン管のマスクピッチと表示解像度との干渉で生じるモワレ(干渉縞)を軽 減調節する機能を搭載しており、見易い画面を提供します。

7.パワーセーブ機能搭載、低漏洩電磁界対応
コンピュータの未使用時、コンピュータからの同期信号の有無を検知し、ディス プレイの画面表示を停止し、消費電力を抑えるパワーセーブ機能を搭載しています。
(但し、コンピュータでの対応が必要です。Energy Star, VESA DPMS(*1)準拠) また、低漏洩電磁界にも対応(MPR−2準拠)し、環境・人間工学を考慮して います。さらに、資源エネルギ−庁通達に基づく家電・汎用品高調波抑制ガイド ラインにも対応しています。

8.Windows 95(R)対応

パソコンあるいは周辺機器を使用する際の、接続の煩雑さを解消するため、プラ グ・アンド・プレイの要求があり、これに対応するため、DDC1/2Bに適合し、 Windows(R)95対応となっています。

[他社商標]
* PC9800は日本電気(株)の商品名称です。
* Macintoshは米国Apple Comouter Inc.の商品名称 です。
* Windowsは、米国Microsoft Corp.の登録商標です。
* VGA、XGAは米国IBM Corp.の登録商標です。
* その他記載の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

以 上


WRITTEN BY Secretary's Office
All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, Hitachi, Ltd.