日立概要ページへ トップページへ
日立の概要 ニュースリリース トップページへ

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

 

2001年10月22日

 

 
AND型フラッシュメモリとコントローラを1パッケージ化した
大容量小型の「モバイルメディアチップ」を製品化
−モバイル機器の組込み用に
32Mバイトフラッシュメモリでは業界最小レベルの実装面積11mm10mmを実現−
モバイルメディアチップ
左:外観        右:内部


  日立製作所 半導体グループ(グループ長&CEO 長谷川 邦夫)は、このたび、携帯電話やPDA等の小型モバイル機器のデータストレージ用にAND型フラッシュメモリと、これを制御するコントローラを小型パッケージに搭載した「モバイルメディアチップ」を製品化しました。16Mバイト(128Mビット)品HB28E016BP2を2001年10月23日より、32Mバイト(256Mビット)品HB28D032BP2を同年12月よりサンプル出荷します。
  本2製品は小型機器への内蔵を考慮した小型71ピンのFBGA(Fine-Pitch Ball Grid Array)パッケージを採用し、実装面積を16Mバイト(128Mビット)フラッシュメモリでは業界最小の11mm9mm(typ.)、32Mバイト(256Mビット)品では業界最小レベルの11mm10mm(typ.)に小型化しています。 しかも、AND型フラッシュメモリの不良セクタ管理およびECC(Error Correcting Code)管理など複雑な制御を行うコントローラを搭載しているため、機器への組込みが容易に行えると共に、CPUの処理負荷も低減できます。


<背景>
  近年、携帯電話やPDA、デジタルカメラなどの小型モバイル機器は、多機能化や通信機能を利用した各種コンテンツ配信が盛んになるなど情報量の増加に伴い、搭載するメモリ容量も増える傾向にあります。このため、これらデータのファイルストレージに適したフラッシュメモリを機器に直接内蔵する場合が考えられますが、新たにフラッシュメモリ用の複雑なファイル管理システムを設計する必要があり、またCPUに処理負荷がかかります。
そこで当社では、これらの制御を行うコントローラとフラッシュメモリを1パッケージ化することでユーザのシステム設計を容易化し、CPUへの処理負荷も軽減可能な「モバイルメディアチップ」を製品化しました。


<製品について>
  本2製品はAND型フラッシュメモリにコントローラを積層実装し、1パッケージ化することで、大容量かつ業界最小の実装面積を実現しています。16Mバイト品「HB28E016BP2」は128Mビットフラッシュメモリを搭載し、11mm9mm1.4mm(max.)のパッケージサイズを実現、32Mバイト品「HB28D032BP2」では256Mビットフラッシュメモリを搭載し、11mm10mm1.4mm(max.)のサイズを実現しています。これは当社のTSOPに比べ約半分のパッケージサイズになります。
  また、小型フラッシュカードMultiMediaCardTM(以下、マルチメディアカード)(注1)でも使用しているコントローラを搭載することで、AND型フラッシュメモリ固有の不良セクタ管理やECC管理を本製品内で行え、機器への組込みを容易にしています。
  インタフェースは市場で多く採用され、マルチメディアカードでも採用されているSPI(Serial Peripheral Interface)モードを備えています。このため、既にマルチメディアカードを採用している機器においては、新たなドライバソフトの開発は必要なく、同じファイルシステム環境で組込み設計が可能です。


<開発サポートツール>
  本モバイルメディアチップを採用したシステムを設計する際のサポートツールとして、当社マルチメディアカードと同様のサポートツールが使用できます。ドライバソフト、ファイルマネージャ等のソフトウェア(注2)、H8Sマイコンベースの開発プラットフォーム等のハードウェア、さらにはシステムの解析ツールであるマルチメディアカード専用プロトコルアナライザ(注3)等が各サードパーティから発売されています。


  今後は、さらなる大容量品の展開を行い、モバイルメディアチップのラインアップを拡充していきます。


(注1) MultiMediaCard:MultiMediaCardは、独Infineon Technologies AGの商標であり、 MMCA(MultiMediaCard Association)にライセンスされています。
日立はMMCAのボードメンバーです。http://www.mmca.org/
(注2) ドライバソフト、ファイルマネージャソフトは、株式会社エーアイコーポレーションから 発売されています。
(注3) H8Sマイコンベースの開発プラットフォーム、マルチメディアカード専用プロトコルアナライ ザは、国際電気アルファ株式会社から発売されています。


■応用機器
デジタルビデオカメラ、デジタルカメラなどの携帯画像機器
ハンドヘルドPC、パームサイズPC、PDA、電子手帳等の携帯情報機器
音楽ダウンロード/再生機能付き携帯電話、ポータブル音楽プレーヤ、玩具、ゲーム機などの 携帯電話携帯エンターテイメント機器
スマートフォン、ページャ等の携帯通信機器



■ 価 格



■ 仕 様

以 上




top of this page


(C) Hitachi, Ltd. 1994, 2001. All rights reserved.