ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」
その企業理念を長年にわたり貫いてきた日立。
先人が築いてきた匠の技を継承しながらも、常に新しい時代に向けて革新を続けてきました。
それが、今も昔も変わらぬ日立の姿です。
ここでは、日立製作所の誕生から今日まで、年代別に「日立のあゆみ」を個人投資家の皆さまにご紹介します。

1910年代

電気機械の製作から始まる日立製作所

1920年代

電気機関車から扇風機まで、そして海外へ

1930年代

業容を拡大し、総合電機企業に躍進

1940年代

戦争、そして終戦、瓦礫からの再出発

1950年代

産業と社会インフラの充実に貢献

1960年代

高度成長と共に豊かな社会への貢献

1970年代

成長を担うエレクトロニクス事業の開花

1980年代

世界に向けて、新たな発展へ

1990年代

人類の課題へ、あくなき挑戦

2000年代

総合力を発揮し、社会イノベーションの創造へ

2010年代

IoT時代のイノベーションパートナーへ