ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

2010年代
IoT時代のイノベーションパートナーへ

2012年

イギリスの高速鉄道車両、596両を受注

日立製作所は、2012年に596両、2013年7月には追加で270両、合計で866両の高速鉄道車両を英国政府から受注しました。新型車両は最高時速200km/hで、2017年からロンドンと主要都市を結ぶ路線で運行される予定です。

2014年

柏の葉スマートシティに日本初のエリアエネルギー管理システム(AEMS)を導入

千葉県にある柏の葉スマートシティの街全体のエネルギーを運用・監視・制御するシステムを開発し、街区を跨がって電力を融通する仕組みを日本で初めて導入しました。オフィスや商業施設、ホテル、住宅などの施設と、太陽光発電や蓄電池などをネットワークでつなぐことで、地域エネルギーを一元管理し、日々の省エネや災害時の電力供給・融通などを実現します。

2016年

自ら接客や案内サービスを行うヒューマノイド「EMIEW3」を開発、実用化に向け実証実験を開始

2005年より人と安全に共存できるロボットサービスの開発を進めてきました。移動、物体や音声の認識、人工知能を活用した多言語での会話機能に加え、2016年には自ら接客したり、複数のEMIEW同士で連携する機能を追加し、実用化に向け、公共施設などで実証実験を開始しました。

  • 2000年代

    総合力を発揮し、社会イノベーションの創造へ