ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

1990年代
人類の課題へ、あくなき挑戦

1995年

脳科学の可能性を開いた「光トポグラフィー」

トポグラフィーとは、地図をつくること。1995年に開発された光トポグラフィーは、近赤外線を照射して脳血流をとらえます。血流で能の活動の様子がわかり、新生児の脳機能の解明、ALS患者の対話装置の開発など脳科学研究で新たな領域を開拓しました。

1995年

ヒトゲノムの解明を3年早めた「DNAシーケンサー」

1997年に開発されたDNAシーケンサーは、遺伝子の塩基配列を超高速で分析する装置です。米国の科学雑誌から「ヒトゲノム(人間の全遺伝子情報)の解明を3年早めたと絶賛されました。

  • 1980年代

    世界に向けて、新たな発展へ

  • 2000年代

    総合力を発揮し、社会イノベーションの創造へ