ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

画像:執行役社長兼CEO 東原 敏昭

「10年後の日立はどのような会社になっていますか?」
日ごろ、投資家や株主の皆様にお会いすると、よく問われます。これに対する私の想いは明確で、「『イノベーションといえば日立』といわれる会社になる」とお答えしています。
「日立は、社会が直面する課題にイノベーションで応えます。優れたチームワークとグローバル市場での豊富な経験によって、活気あふれる世界をめざします」
これは、日立がグローバルに掲げるVisionです。私たちは、このVisionを実効あるものにすべく、自らの事業を通じて、グループ全体で持続可能な社会の構築に取り組んでいきます。

現在、日立は2018年度をターゲットとした3カ年の中期経営計画(「2018中期経営計画」、以下、2018中計)を推進しています。その初年度となる2016年度は、今後の成長に向けた強固な基盤構築の1年と位置づけ、さまざまな改革に着手しました。その結果、個々の事業のオーガニックな成長もあり、売上収益、調整後営業利益、EBIT、親会社株主に帰属する当期利益のすべてにおいて、期初計画を上回り、かつ、ROAやフリー・キャッシュ・フローなども改善、マーケットの皆様とのお約束を果たすことができました。
社内改革においては、事業の選択と集中を推し進め、上場子会社3社(日立物流、日立キャピタル、日立工機)の非連結化や低収益事業における構造改革などを断行しました。また、組織をプロダクトアウトからマーケットドリブンの体制に移行、さらに、新たな価値創出を可能とするIoTプラットフォームLumadaの立ち上げにもまい進しました。
現在日立は、そのLumadaを軸に、ビジネスモデルの変革を進めています。コンサルティングや製品、システムインテグレーション(SI)などを個々に提供する企業は、グローバルに数多く存在します。しかし、お客様の課題発掘から実際のシステム構築、さらには、メンテナンスに至るまでのトータルソリューションをEnd-to-Endでデリバリーできる企業は日立のみと自負しています。OT・IT・プロダクトを掛け合わせた社会イノベーション事業の実績と未来に向けた取り組みがグローバルに根づきはじめ、株主の皆様からも、当社の強みと変革のあり方をご理解いただいており、「日立の掲げる方向性は正しい。その実現に向けて、スピード感をもって取り組んでほしい」とのお声を頂戴しています。私たちは、そのご期待に応えるべく、2017年度を飛躍へのギアチェンジの1年と捉え、成長に向けたさまざまな取り組みをグローバルに加速させていきます。

日立は、さまざまな経験、知識、技術、アイデアを兼ね揃えたプロフェッショナル集団であり、世の中に貢献する数多くの事業、製品群などを有する企業です。私は、日立のCEOとして、それらの強みを「One Hitachi」として生かすことで、プラスアルファの価値を創造する企業へと成長させます。
現在、世界中で展開するグローバルブランドキャンペーンのキャッチコピー「THE FUTURE IS OPEN TO SUGGESTIONS (未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。)」には、顧客協創によるオープンなイノベーションを通じて、未来づくりに貢献していく私たちの決意が込められています。
飛躍に向けてギアチャンジを図る日立にご期待ください。

2017年8 月
執行役社長兼CEO
執行役社長兼CEO 東原 敏昭