ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

情報・通信システム

情報通信システム部門では、金融をはじめとした幅広い事業分野で得た豊富なノウハウと先進のITを融合することで、コンサルティングからシステム構築、運用・保守・サポートまでのシステムライフサイクル全体を通じて、お客様の多様なニーズに対応するITサービスを提供しています。

2016年度、IFRS

売上収益 調整後営業利益 EBIT* 売上収益構成比
19,828億円 1,529億円 764億円 20%

* EBIT: 受取利息及び支払利息調整税引前当期純利益

この事業のポイント

  • 社会インフラをITで高度化し日立の社会イノベーション事業をけん引
  • ビッグデータ利活用や高信頼クラウドなどの成長分野で事業を積極展開
  • ハイエンド向けストレージシステムは世界トップクラスのシェア

主な製品・サービス

ハイエンド向けストレージシステム

ハイエンド向けストレージシステムは、その高い性能と信頼性が評価され、金融機関や公共機関をはじめとした、社会インフラを支えるシステムで幅広く利用されており、世界トップクラスのシェア※を有しています。

※当社調べ

指静脈認証システム

指静脈認証システムは、企業の機密や個人情報をなりすましなどによる不正なアクセスから守るための生体認証システムとして、ATMや企業のセキュリティ対策用途で幅広く利用されており、国内トップシェア※を有しています。

※当社調べ

ATM (日立オムロンターミナルソリューションズ(株))

現金自動取引装置(ATM)は、紙幣などの媒体を高速で搬送しながら瞬時に識別し、金種や媒体の状態に応じて振り分ける性能・品質の高さや使いやすさがお客さまに評価され、国内外の多くの金融機関やコンビニ、ショッピングセンターなどで幅広く利用されています。