ページの本文へ

Hitachi

企業情報株主・投資家向け情報

建設機械

建設機械部門では、これまで培ってきた技術力とノウハウを生かし、土木・建築、ビルなどの解体、鉱山採掘などの幅広いお客様のニーズに応え、油圧ショベルをはじめとする建設機械の販売からサービス・メンテナンスまでを一貫したソリューションとしてグローバルに提供しています。

2016年度、IFRS

売上収益 調整後営業利益 EBIT* 売上収益構成比
7,539億円 263億円 227億円 7%

* EBIT: 受取利息及び支払利息調整税引前当期純利益

この事業のポイント

  • インフラ整備のニーズにあわせて需要が高まる建設機械
  • グローバルに事業を展開し、海外売上高比率は69%
  • 省エネ、排ガスゼロなど、環境負荷低減のための技術開発も推進

主な製品・サービス

ハイブリッド油圧ショベル ZH200-5B(日立建機株式会社)

旋回減速時のエネルギーを充電し旋回加速時にパワーアシストするハイブリッドシステムと、省エネ油圧システムを融合し、低燃費化とパフォーマンスの両立を実現。新世代のハイブリッド油圧ショベルです。

サービスメニュー「ConSite(コンサイト)」(日立建機株式会社)

建設機械の稼働情報や位置情報を遠隔管理できる“グローバルe-サービス”のシステムを活用。データレポートや、機械のチューニングなど、フルパッケージにして提供する総合的なサービスメニューです。

リジッドダンプトラック EH5000AC-3(日立建機株式会社)

最新式IGBTインバータを使用したAC(交流)駆動方式を採用。積載質量290tクラスのダンプトラックです。日立グループで新たに開発したシステム「車体安定化制御」が高い生産性を実現します。