ページの本文へ

Hitachi

日立工業専修学校

  

高等課程 MAKE A DREAM ! 夢づくりはモノづくりから
専門課程 めざせ モノづくりのプロ

日立工業専修学校は、株式会社日立製作所創業と同じ1910年(明治43年)に設立された製造技能教育を目的とした学校です。

本校は日立製作所初代社長小平浪平が志した「事業の発展は人にあり」を基本理念として日立発展の基礎を固めるとともに、世界の産業と社会の発展に貢献できる有能な日立人の育成をめざしています。

他校にはない独自のシステムによる実践的教育を行い、多様化する産業界のニーズに応える教育機関として重要な役割を果たしています。

日立工業専修学校 専門課程

高等学校卒業又は卒業見込みの方はこちら

文部科学省認定1年全日制の工業専門課程です。工業人として必要な知識・技能の学習を通し、将来基幹技能者として活躍できる人材を育成します。

日立工業専修学校 高等課程

中学校卒業見込みの方はこちら

文部科学省認定3年全日制の高等専修学校です。技能の発展を担うにふさわしい基幹技能者を養成します。
 

お知らせ

    学校見学を随時受け付けしています。(事前にご連絡下さい。)
    日立工業専修学校専門課程
     
    2015年度 専門課程の卒業式が3/24(木)に挙行されました。  
    2017年度 専門課程 パンフレット を掲載しました。   
    2017年度 専門課程の入学試験は7/28(木)・7/29(金)に実施いたします。  
    2017年度 専門課程の募集要項を掲載しました。
    2017年度 専門課程の実習体験会を掲載しました。(5/28・6/16)
    2017年度高等学校の先生方対象の学校説明会ご案内を掲載しました。(4/28)

    日立工業専修学校高等課程
    2015年度 高等課程の卒業式が3/24(木)に挙行されました。
    2017年度 高等課程 入学試験は12月7日(水)〜12月9日(金)に行ないます。
    (提出書類・手続き内容一覧)
    2017年度 高等課程 パンフレット を掲載しました。  
    2017年度 体験入学会を行ないます。(・7月23(土)・7月25(月)・8月31(水)・10月15(土))
    月間予定(4月)を掲載しました。
    2017年度中学校の先生方対象の学校説明会ご案内を掲載しました。(4/26)

トピックス

終業式

終業式を実施しました(2016年3月25日(金))new:最新

3月25日(金)、終業式を実施しました。あわせて、今年度を以て退任される先生の離任式を実施しました。終業式では1・2年生の年間表彰式が行われ、優等賞、成績進歩賞、特別賞、校内技能競技会表彰などが行われました。来年もこの年間表彰が受賞できるように、更に上を目指し勉強や部活動を頑張ってくれることを期待します。

卒業式

卒業式を挙行しました(2016年3月24日(木))new:最新

3月24日(木)、高等課程生76名、専門課程生8名の卒業式を挙行しました。当日は天候にも恵まれ、ご来賓に本社人事勤労本部の田宮本部長、科学技術学園高等学校の川平校長、各事業所幹部の御臨席を賜り、たくさんのお祝いと励ましの言葉を頂きました。卒業生は在校生と職員に見送られ、それぞれの思いを胸に会場を後にしました。今後配属先事業所での活躍を期待します。

学年末試験

校外清掃ボランティアを実施しました(2016年3月21日(月))new:最新

3月21日(月)の4〜6時限に校外清掃ボランティアを実施しました。これは全校生徒で周辺地域をキレイにしようという目的で行なっています。各クラスごとに清掃地域を割り当て、徹底的にごみを拾いました。このボランティアを通して、拾うだけでなく、捨てない人に育つことを願います。

学年末試験

クラスマッチを実施しました(2016年3月17日(木))new:最新

3月17日(木)、クラスマッチを実施しました。このイベントはクラス対抗のスポーツ大会で、種目はソフトボール、バスケットボール、バレーボール、剣道、リレー、大縄跳びと盛りだくさんの内容です。各クラスで種目に出場する選手は、クラスの誇りをかけて戦います。栄冠は2年電気科が他クラスの猛追をしのぎ見事総合優勝を果たしました。

学年末試験

工場実習代表者報告会を実施しました(2016年3月16日(水))(2016年2月22〜24日(月〜水))new:最新

3月16日(水)、本校体育館において、工場実習代表者報告会を行いました。今年は3学年生76名が、それぞれ22事業所で実習を行い、その中の代表9名が約半年間にわたる実習の成果報告を行いました。実習中に職場で学んだ仕事の内容や失敗事例、改善提案などを元気に発表し、1・2年生にとっては進路選択の参考になる重要な機会となりました。