ページの本文へ

Hitachi

日立工業専修学校

  

高等課程 MAKE A DREAM ! 夢づくりはモノづくりから
専門課程 めざせ モノづくりのプロ

日立工業専修学校は、株式会社日立製作所創業と同じ1910年(明治43年)に設立された製造技能教育を目的とした学校です。

本校は日立製作所初代社長小平浪平が志した「事業の発展は人にあり」を基本理念として日立発展の基礎を固めるとともに、世界の産業と社会の発展に貢献できる有能な日立人の育成をめざしています。

他校にはない独自のシステムによる実践的教育を行い、多様化する産業界のニーズに応える教育機関として重要な役割を果たしています。

日立工業専修学校 専門課程

高等学校卒業又は卒業見込みの方はこちら

文部科学省認定1年全日制の工業専門課程です。工業人として必要な知識・技能の学習を通し、将来基幹技能者として活躍できる人材を育成します。

日立工業専修学校 高等課程

中学校卒業見込みの方はこちら

文部科学省認定3年全日制の高等専修学校です。技能の発展を担うにふさわしい基幹技能者を養成します。
 

お知らせ

    学校見学を随時受け付けしています。(事前にご連絡下さい。)
    日立工業専修学校専門課程
     
    2016年度 本校の専門課程卒業生が技能五輪全国大会で銀メダルを受賞しました。技能五輪大会で活躍する卒業生を掲載しました。
    2017年度 専門課程 パンフレット を掲載しました。   
    2017年度 専門課程の入学試験は7/28(木)・7/29(金)に終了しました。   
    2017年度 専門課程の実習体験会は終了しました。(5/28・6/16)
    2017年度高等学校の先生方対象の学校説明会は終了しました。(4/28)

         
    日立工業専修学校高等課程
    2016年度 本校在校生が技能五輪全国大会で電気溶接・旋盤職種で敢闘賞を受賞しました。クラブ技能五輪部を掲載しました。
    2016年度 本校卒業生が技能五輪全国大会で各賞を受賞しました。技能五輪大会で活躍する卒業生を掲載しました。
    2017年度 高等課程の入学願書の受付は終了しました。
    2017年度 高等課程 入学試験は12月7日(水)〜12月9日(金)に行ないます。
    (提出書類・手続き内容一覧)
  • 2017年度 高等課程 パンフレット を掲載しました。
  • 2016年度 Magazine of hitachi union誌 HunTの 学校記事 を掲載しました。
    月間予定(12月)を掲載しました。

トピックス

日専祭

日専祭・保護者会を実施しました。(2016年11月19日(土))new:最新

11月19日(土)日専校文化祭の日専祭と保護者会を実施しました。授業参観と保護者会全体会・各担任との保護者面談を行いました。日専祭当日は残念ながら雨天となってしまいましたが、生徒たちによる各種模擬店やバザーは大盛況で完売続出となりました。また体育館や実習棟では授業で製作した課題・教科書の展示や生徒各自工夫を凝らした学校紹介掲示など多種多彩なイベントが行われ、保護者の方々をはじめ、たくさんの方にご参加頂きました。参加された皆様、雨天の中、本当にありがとうございました。

日専祭

寮スポーツ大会・バーベキューを実施しました。(2016年10月29日(土))new:最新

10月29日(土)、寮友会主催の寮スポーツ大会を実施しました。前日の天候不良で屋外でのソフトボールは中止となり、体育館でバレーボール、バスケットボール、ドッチボール、大縄跳びの4種目を生徒の出身地に分けた8チームに先生チームも交えて行われました。各種目とも激戦が繰り広げられましたが、県央Aチームが優勝を勝ち取りました。終了後は寮の庭先で盛大なバーベキューが行なわれ、焼肉・焼そばなどで空腹を満たし楽しいひと時となりました。

五輪電気溶接

五輪部《電気溶接》技能五輪全国大会に出場しました。(山形県大会:2016年10月16日(日)-10月23(日))

2016年10月16日から同23日の期間、第54回技能五輪全国大会が山形県で開催され、本校の3年溶接科から2名の在校生が電気溶接職種に出場した。県予選を通過した41名の精鋭者達と同じ土俵で競技、見応えのある競技を展開した。電気溶接職種は合計5つの競技課題を制限時間4時間25分で作製するもので、溶接の知識、金属の性質、図面読解力、溶接施工能力、欠陥の無い健全な溶接部を得る為の極めて高い溶接技能を競い合うものです。そんな中で今回本校生徒が高校生史上初となる敢闘賞を受賞する事が出来ました。彼の次なる目標は日本一、その後世界一を目指して頑張っていく決意である。

五輪旋盤

五輪部《旋盤》技能五輪全国大会に出場しました。(山形県大会:2016年10月22日(土))

2016年度、日専校として連続5度目の技能五輪全国大会の兆戦が10月22日(土)山形県で開催された。7月31日に強豪87選手の2次予選会が始まり、日専校生は3年生と2年生の2名が出場権を獲得した。全国大会は昨年の入賞者を入れて居並ぶ54名の精鋭達で競技が開始された。競技中は終始落ち着いて加工しトラブルも無く、2名共競技終了時間内(5時間45分)に課題加工を終了することができた。全国各企業の強豪選手が集まった大会でしたが、旋盤では初の学生が敢闘賞10位の好成績を収めた。今後も自分の技能に更なる研鑽をし日本一をめざして頑張ってくれることを願う。

社史見学

社史史跡見学会を実施しました(2016年9月21日(水))

9月21日(水)、1年生を対象に社史見学会を実施しました。この行事は社史の授業の総まとめとして毎年実施されています。当日は、天候にも恵まれ日鉱記念館・吉田正音楽記念館・日立市郷土博物館・小平記念館・創業小屋を見学することができました。生徒は日立製作所史の舞台となった史跡の見学を通して、創業の心や会社の変遷を身近に感じることができ、社史への理解がより深まった一日でした。

社史見学

事業所実習前面談を実施しました(2016年9月21日(水))

9月21日(水)、事業所実習前面談を実施しました。この行事は3年生後期からの事業所実習に備え、将来の就職先となる事業所から勤労担当の方をお招きして行われるものです。生徒たちは緊張しながら面談に臨みましたが、実際の職場の方とお話しし、事業所への理解をより深め、安堵の表情を覗かせました。

オープンデー

日専校OPEN DAYを実施しました(2016年9月12・13日(月・火))

9月12日(月)13日(火)の2日間、日立グループ・三菱日立パワーシステムズ鰍フ方が来校し、第2回「日専校OPENDAY」を実施しました。 本年は24社(事業所)から55名の方が参加し、生徒の案内で実習・授業や寮生活、部活動などの取り組みを見学、生徒達とのディスカッション、職員との今後に向けての意見交換などを行い、事業所関係者の皆さんに本校をよりご理解いただくことができ、有意義な行事とまりました。

前期末試験

前期末試験を実施しました(2016年9月6日(火)〜8日(木))

9月6日(火)から3日間にわたって前期末試験を実施しました。夏休み明け直ぐに試験が実施されましたが、生徒たちは気持ちを切り替えて試験勉強に励んでいました。3年生にとっては今回の試験が卒業試験と兼ねており、最後の試験が優秀の美を飾れるように、みんながんばっていました。

水泳大会

水泳大会を実施しました(2016年9月1日(月))

9月1日(木)4時限目より、水泳大会を実施した。個人競泳は各クラスとも実力者が出場しており、接戦が繰り広げられた。また水中的当てでは、巧みな体さばきからのシュートや見事なパスワークでのシュートなど見ごたえある試合ばかりであった。この戦いを制したのは、1位の種目はないものの、各種目で得点を重ねた2年電気科が総合優勝。第2位が3年電気科、3年生としては残念な結果となった。また1年4組が個人種目3競技すべて1位独占し、総合第3位と健闘した。3年生にとっては、工場配属前の最後の学校行事であり、思い出の1シーンとなったことだろう。