ページの本文へ

Hitachi

日立工業専修学校 高等課程

日立工業専修学校の歴史

本校は1910年(明治43年)、株式会社日立製作所の創業と同時に設立された歴史ある学校で、技能の発展を担うにふさわしい基幹技能者を養成することを目的としています。

学校の変遷

明治43年4月
  • 株式会社日立製作所小平初代社長が徒弟養成所を創立。本校の母体となる。
昭和3年6月
  • 徒弟養成所を廃止、日立工業専修学校を設置。
昭和10年4月
  • 青年訓練所と日立工業専修学校を合併、日立工業青年学校と改称。
昭和14年10月
  • 本科第一部・第二部を分離、本校は日立第一工業青年学校と改称。

初代社長写真
初代社長
画像を拡大する

徒弟養成所写真
徒弟養成所
画像を拡大する

昭和15年3月
  • 校舎および寮舎を現在地(日立市成沢町)に新築。
昭和17年4月
  • 私立日立茨城青年学校と改称。
昭和20年8月
  • 太平洋戦争終結により8月末日閉校。
昭和20年9月
  • 9月1日、新たに日立茨城青年学校として開校。

校舎および寮舎写真
校舎および寮舎
画像を拡大する

昭和20年12月
  • 私立青年学校日立工業専修学校と改称。
昭和23年4月
  • 私立日立工業専修学校と改称、各種学校として認可を受ける。
昭和39年4月
昭和53年4月
  • 学校教育法第82条の2による専修学校として文部省の認可を受ける。
  • 科技校日立として茨城県高体連、高野連に加盟。
昭和57年3月
  • 新校舎完成、移転。
昭和59年3月
昭和59年7月
  • 新体育館竣工。
平成5年4月
  • 研究科制度の改定を行ない新研究科制度となる。
平成9年11月
  • 推薦入学制度を導入。
平成14年3月
  • 研究科制度の廃止。
平成15年4月
  • 専門課程が認可される。
平成16年4月
  • 専門課程を併設し、専門課程教育を開始。
平成21年1月
  • 新修道館竣工。
平成21年8月
  • 新実習棟竣工。

新修道館竣工写真
新修道館竣工
画像を拡大する

新実習棟写真
新実習棟竣工
画像を拡大する

平成22年4月
  • 新溶接実習棟改築
平成22年7月
  • 創立100周年記念式典挙行
平成24年4月
  • 共学化開始
平成25年3月
  • 寮耐震工事完了
平成27年7月
  • 第3グランド完成運用開始

新溶接実習棟写真
新溶接実習棟竣工
画像を拡大する