ページの本文へ

Hitachi

日立ソフトボール部

日本女子ソフトボールリーグ1部:第5節

2018年度 試合結果

ソフトボールリーグ1部 第5節
1勝1敗通算成績5勝6敗で前半戦同率6位で折り返す

 6月2日〜3日にかけ、京都府京都市/わかさスタジアム京都で日本リーグ1部第5節が行われた。初日のトヨタ自動車戦は初回の4失点が重く圧し掛かり、3回に木村の内野ゴロの間に1点を返すもチャンスにあと一本が出ず、追いつく事が出来ず敗戦。翌日のHonda戦は、5回に奥田の犠牲フライで先制。土壇場の7回裏に追いつかれ、タイブレーカーとなるも、9回に松本のエンドランで勝ち越しに成功し勝利を収めた。この結果、通算成績を5勝6敗とし、前半戦を同率6位で折り返すこととなった。後半戦の巻き返しに期待したい。
 第6節は、9月8日〜9日、神奈川県秦野市/中栄信金スタジアム 秦野(秦野市カルチャーパーク内)で行われる。

 多くの皆様のご声援、ありがとうございました。

対 トヨタ自動車戦(6月2日 通算成績:4勝6敗)

初回に4失点、チャンスにあと1本が出ず3連勝ならず!

試合結果
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
トヨタ自動車 4 0 0 0 0 0 0 4
日立 0 0 1 0 0 0 0 1
  • 【バッテリー】★岡村(7回:3勝2敗)−清原
  • 【二塁打】山田(1回),那須(5回)

試合レポート

第4節の連勝で息を吹き返し、このままの勢いで上位を狙いたい第5節初戦の相手は、前節で初黒星を付けたビックカメラ高崎と同率首位のトヨタ自動車。何とか食らい付いて連勝したいところ。日立の先発は、今季3勝をあげているエース岡村。初回表、岡村は先頭打者にいきなり死球を与え、送りバントで一死二塁の先制のピンチを招く。次の打者の打球は、ワンバウンドでレフトフェンスを越えるエンタイトルツーベースであっさりと先制を許してしまう。更に、ヒットと四球で一死満塁とピンチを拡げると、次の打者に死球を与えてしまい押し出しで2点目を献上。なおも次の打者にレフト前タイムリーを浴び3点目を奪われると、次の打者のショートゴロで併殺かと思われたが、悪送球で一塁セーフとなり、併殺崩れの間に2塁ランナーがホームに帰ってしまい4点目を奪われる。何とか後続は抑えるものの、初回からいきなり4失点と苦しい展開となる。その裏、4点をリードされ1点でも返しておきたい日立の攻撃は、一死から松岡が四球を選び出塁。続く山田のライト線への二塁打で一死二、三塁のチャンスを掴むが、後続が打ち取られ無得点に終わる。

2回表、岡村は立ち直りを見せ、テンポ良い投球で三者凡退に抑える。その裏、日立の攻撃は一死から清原がライト前ヒットで出塁。松本の送りバントで二死二塁のチャンスを作るが、あと1本が出ず得点ならず。0-4と4点ビハインドで試合は中盤戦へ。

3回表、岡村は四球と送りバントで二死二塁のピンチを背負うが、次の打者を三振に仕留め無失点で切り抜ける。その裏、日立の攻撃は一死から松岡が絶妙なセーフティーバントで出塁し、山田のレフト前ヒットと那須の死球で一死満塁とチャンスを作る。次の木村の内野ゴロの間に松岡がホームインし1点を返す。なおも二死二、三塁のチャンスが続くが後続が断たれこの回1点止まり。

4回表、岡村は危なげなく三者凡退に抑え無失点。その裏、日立の攻撃は二死から奥田の四球と林のレフト前ヒットで、二死一、二塁の追加点のチャンスを掴むが、またも打線が続かずなかなか追加点が奪えない。

5回表、岡村はヒットのランナーは出すものの、後続をキッチリ抑え得点を与えず。その裏、日立の攻撃は一死から那須が右中間への二塁打と木村のライト前ヒットで一死一、三塁のチャンスを作る。ここで、たまらずトヨタ自動車はピッチャーをエースのアボット投手に交代。アボット投手の前に二者連続三振に抑えられてしまい、3点ビハインドのまま試合は後半戦へ。

6回表、岡村は先頭打者にライト線への二塁打を許し、無死二塁のピンチを招く。次の打者の送りバントで一死三塁とピンチが拡がるが、後続を打ち取り無得点に抑え、味方の反撃を待つ。その裏、何とか反撃したい日立の攻撃は、三者凡退に抑え込まれ3点ビハインドは変わらぬまま最終回へ突入

7回表、岡村はヒットで出したランナーを内野ゴロの間に三塁まで進められ、次の打者に四球を与え、二死一、三塁のピンチを招く。ここで一塁ランナーが盗塁を試み三塁ランナーが本塁を狙うが、清原の送球を松岡がカットし本塁へ返球してタッチアウト。無得点で切り抜け味方の反撃を待つ。しかし、最終回の日立の攻撃は三者三振に倒れ、ゲームセット。初回の4失点が重く圧し掛かり連勝ならず、通算成績を4勝6敗とし一歩後退、前半戦の負け越しが決まった。

[撮影]川村 可奈子
3回、木村の内野ゴロの間に松岡がホームイン!

[撮影]川村 可奈子
5回、那須の右中間二塁打でチャンスメイク!

オーダー表&個人成績

個人成績

対 Honda戦(6月3日 通算成績:5勝6敗)

タイブレークの末の勝利で前半戦を締めくくる!

試合結果
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
Honda 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
  • 【バッテリー】小薗(6回),☆岡村(3回:4勝2敗)−清原
  • 【盗塁】松本(5回),加福(6回)

試合レポート

第5節2試合目の相手は、今期ここまで2勝と元気の無いHondaとの1戦。前半戦最後の試合を確実に勝利し、後半戦に繋げたいところ。初回表、日立の攻撃は、三者凡退で無得点。日立サンディーバの先発小薗は、初回裏に二死から四球でランナーを許すも、落ち着いた投球で後続を抑え無失点と、まずまずの立ち上がりを見せる。

2回表、日立の攻撃は先頭の那須が四球を選びで出塁するも、木村の送りバント失敗と田邊のエンドランが三振ゲッツーとなり無得点に終わる。その裏、小薗は簡単に三者凡退に抑え無失点。0-0で試合は中盤戦へ。

3回表、先制点の欲しい日立の攻撃は清原が死球で出塁すると、代走に山口を起用。一死後、奥田の内野ゴロの間に山口は2塁へ進塁し、二死二塁の先制のチャンスを掴むが、あと一本が出ず先制ならず。その裏の相手の攻撃、この回も簡単に三者凡退に抑え、得点を与えない。

4回表、日立の攻撃は先頭の松岡が内野安打で出塁。山田の内野ゴロの間に松岡は二塁に進塁し、一死二塁の先制のチャンスを迎えるが、ここでもあと1本が出ず先取点ならず。その裏、小薗はヒットと盗塁で二死二塁のピンチを招くが、次のバッターを空振り三振に仕留め無失点に抑える。

5回表、そろそろ得点したい日立の攻撃は、先頭の田邉がセンター前ヒットで出塁。清原の送りバントで一死二塁の先制のチャンスを迎える。続く松本のレフト前ヒットで一死一、三塁、松本の盗塁で、一死二、三塁とチャンスを拡げる。ここで奥田がライトへの犠牲フライを打ち上げ田邉が先制のホームイン。なおも二死三塁のチャンスが続くが、後続は断たれ追加点はならず。その裏、小薗は二死から四球のランナーを出すも、田邊が体を張ったファインプレーを魅せるなど、この回も得点を与えず1点リードのまま試合は後半戦へ。

6回表、追加点の欲しい日立の攻撃は松岡の四球と、那須のレフト前ヒットで二死一、三塁のチャンスを作り、代走の加福が盗塁を決め二死二、三塁とチャンスが拡がるが、あと一本が出ず追加点ならず。その裏、小薗は、田邊のライト線ネットギリギリのファールフライのスーパーキャッチもあり、キッチリ三者凡退に抑え1-0のまま最終回へ突入

7回表、日立の攻撃は先頭の清原が四球を選び出塁すると、松本の送りバントで一死二塁の追加点のチャンスを作るが、後続が抑えられ追加点ならず。その裏、小薗が先頭打者に四球を与えたところで、ピッチャーは岡村に交代。内野ゴロの間にランナーを進められ、一死二塁と一打同点のピンチを背負うと、二死から次打者にレフト前に運ばれ土壇場で同点に追いつかれてしまう。なおも一打サヨナラのピンチが続くが、後続を抑えピンチを脱する。そして試合は1-1の同点でタイブレークに突入。

8回表、日立の攻撃は二塁走者の代走に松畑を起用。松岡の送りバントで一死三塁とし、続く山田の四球と那須の内野安打で一死満塁とチャンスが拡がるが、後続が断たれ得点ならず。その裏、先頭打者は故意四球で一塁を埋め、次の打者の内野ゴロで一死二、三塁とされたところで故意四球で満塁策を取るが、この策が功を奏し後続を内野ゴロと三振に抑え無失点で切り抜ける。

9回表、日立の攻撃は先頭の清原の送りバントで、二塁ランナーの田邉が三塁に進み一死三塁とすると、続く松本のエンドランが見事に決まり田邉が勝ち越しのホームイン。更に松本を奥田の送りバントで二塁に送り、二死二塁の追加点のチャンスを作るが、後続が断たれこの回1点止まり。その裏、岡村は送りバントを決められ、一死三塁の同点のピンチを背負うが、後続をピシャリ。この試合、土壇場で同点に追いつかれるもタイブレーカーの末に勝利を手にし、岡村は4勝目。チームは通算成績を5勝6敗とし、同率6位で前半戦を終了した。上位との星の差はあるものの、何とか後半戦の状況次第で決勝を狙える位置に付けることが出来た。後半戦での巻き返しに期待したい。

[撮影]川村 可奈子
小薗、6回を1安打無失点ピッチングの好投!

[撮影]川村 可奈子
5回表、奥田の犠牲フライで先制!

[撮影]大木 浩
5回裏、田邉、決死のスライディングキャッチ!

[撮影]川村 可奈子
9回表、松本のエンドランで勝ち越し!

オーダー表&個人成績

個人成績

記録&記事:長沢 大志,中山 友紀子,徳田 政昭,奥田 透