ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

 

2008年4月24日

トピックス

特許情報提供サービス「Shareresearch」に
EP/WO公報のコンテンツなどを追加

 日立製作所は、特許情報提供サービス「Shareresearch(シェアリサーチ)」に「EP/WO公報の検索機能」「翻訳機能」などを追加し、4月より提供を開始しています。利用者は、日本および米国の特許公報に加えて、EP/WO公報をすべて英文で検索・表示ができ、対応する日本特許を表示することもできます。また、対応する日本特許がないものについては、「翻訳機能」を用いて、翻訳文を表示することができます。これにより、従来行っていた翻訳作業の手間を省き、より迅速に国外特許公報の内容を把握することができます。
 このほか、特許関連業務の効率向上のため、特許検索に使用した検索式や検索結果などの検索履歴を任意のフォルダに分類して保存することができる機能や、任意の特許の出願人や発明者の数をカウントして統計情報として把握することができる機能を追加しています。

[画面]翻訳画面イメージ
翻訳画面イメージ

今回強化した内容の詳細一覧

1.EP/WO公報のコンテツ追加

EP/WO公報をすべて英文で検索・表示することができます。また、下記機能によりEP/WO特許に関する作業を効率化します。

  1. IPC8版の検索項目サポート
  2. EP/WO公報メモサポート
  3. EP/WO公報SDI、SDI2次配信サポート
  4. EP/WO公報を評価・分類オプションに対応

2.翻訳機能 ※オプション機能

検索した国外特許公報で対応する日本特許がないものについては、機械翻訳を行い翻訳文を表示することができます。

3.検索履歴の分別機能

特許検索に使用した検索式や検索結果などの検索履歴を任意のフォルダに分類して保存することができます。

4.統計情報表示機能 ※オプション機能

検索した対象特許から出願人や発明者数をカウントして統計情報を作成し、Shareresearch上で表示することができます。

「Shareresearch」お試し申し込み

実際に「Shareresearch」のサービスを体験していただくために、現在30日間無料で「Shareresearch」をご利用いただけるShareresearch試行IDキャンペーンを実施しており、新機能もお試しいただけます。
詳細は以下URLでご確認ください。

以上

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ