ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

 

2008年1月18日

トピックス

特許情報提供サービス「Shareresearch」に
「米国特許公開公報の検索機能」「ランキング表示機能」を追加

 日立製作所は、特許情報提供サービス「Shareresearch(シェアリサーチ)」に「米国特許公開公報の検索機能」および「ランキング表示機能」を追加し、1月より提供を開始しています。
「米国特許公開公報の検索機能」の追加により、利用者は、米国登録特許に加えて公開特許(*1)の和文抄録や、対応する日本特許を検索・表示することができるようになります。今後はEP(欧州特許庁経由)・WO(PCT出願経由)・イギリス・ドイツ・フランス・オランダ・中国の特許公報にも順次対応していく予定であり、グローバルな知財戦略をサポートしていきます。
 また、「ランキング表示機能」の追加により、利用者は公報に掲載された特許を特許分類や出願人ごとに集計して年別にランキング表示することが可能になります。これにより、各分類や各出願人の公報発行状況が一目で把握できます。
 このほか、特許検索時に使用した検索式や検索結果、関連するドキュメントなどをプロジェクトごとにフォルダ形式で共有できるようにし、複数人で業務を行う際の情報共有を容易にしました。

*1
出願されてから1年6ヵ月経過した特許出願情報を記載した公報。公報が発行された時点で特許が付与されていない出願も記載されている。

今回追加した機能一覧

1.米国特許公開公報の検索機能 ※オプション機能

 米国公開特許の和文抄録や対応する日本特許を検索・表示することができます。また、下記機能により米国特許に関する作業を効率化します。

  1. 関連機能・IPC8、更新IPC8の検索項目サポート
  2. 米国公報メモサポート
  3. 米国公報SDI、SDI2次配信サポート
  4. 米国公報を評価・分類オプションに対応

[画面]米国公開特許の和文抄録を表示
米国公開特許の和文抄録を表示した画面

2.ランキング表示機能

 公報に掲載された特許を特許分類や出願人ごとに集計して年別にランキング表示でき、特許に関する動向を一目で把握できます。

[画面]ランキング表示
ランキング表示画面

3.プロジェクト共有機能 ※オプション機能

 特許検索時に使用した検索式や検索結果、関連するドキュメントなどをプロジェクトごとにフォルダ形式で共有できるようにし、複数人で業務を行う際の情報共有を容易にしました。

[画面]関連フォルダの表示(左側メニュー部分)
関連フォルダの表示(左側メニュー部分)

「Shareresearch」お試し申し込み

実際に「Shareresearch」のサービスを体験していただくために、現在30日間無料で「Shareresearch」をご利用いただけるShareresearch試行IDキャンペーンを実施しており、新機能もお試しいただけます。
詳細は以下URLでご確認ください。

以上

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ