ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:明治学院大学

多様な学務情報の一元管理と保証人(保護者)への在学生の情報提供を「UNIPROVE/AS」で実現

すべての学務情報を一つのシステムで管理

1863年のヘボン塾創立以来、創設者J.C.ヘボン博士が理想とした「他者への貢献=Do for Others」を教育理念として掲げる明治学院大学。6学部15学科と大学院で質の高い教育研究活動を展開している明治学院大学は、全国の大学に先駆けてボランティアセンターの開設、グローバルマインドを育む多彩な留学プログラムや1年次からのキャリアデザインプログラムの用意など、個性あふれる学風で知られています。

その基幹業務や複雑なカリキュラム編成をサポートしているのが日立の大学向け学務情報システム「UNIPROVE/AS」です。「明治学院大学では従来、他社製の学務情報システムを導入していましたが、ハードウェアの老朽化に加え、運用面でもさまざまな課題が顕在化してきたためシステム刷新に踏み切りました」と教務部教務課 システム担当の奥田 修史氏は説明します。

「これまでは大学と大学院が別々の学務情報システムを利用しており、白金と横浜に分かれたキャンパスの時間割も個別に管理する必要がありました。学部と大学院双方に授業を持つ教員はシラバス(講義概要)公開の際も入力が二度手間になっていたため、長年、すべてを一つの学務情報システムで管理したいという思いがあったのです」と奥田氏は語ります。

「そこで複数のシステムを検討した結果、ワンシステムでの運用はもちろん、パッケージ標準機能で多くの業務ができる点、大規模校での導入実績も豊富な点を評価して「UNIPROVE/AS」に決めました」と教務部次長の海老沢 久美子氏は続けます。

[イメージ]明治学院大学に導入されたシステムの概要
明治学院大学に導入されたシステムの概要

特記事項

  • 2016年12月1日 株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

大学向け学務情報システム「UNIPROVE/AS」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。

製品へのお問い合わせ カタログ請求 カタログダウンロード

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。