ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:明治学院大学

多様な学務情報の一元管理と保証人(保護者)への在学生の情報提供を「UNIPROVE/AS」で実現

[写真]明治学院大学 パレットゾーン白金

明治学院大学は、これまで学部と大学院で学務情報システムが分かれており、データ管理に手間が発生していました。
そこで日立の大学向け学務情報システム「UNIPROVE/AS」を導入し、一元化されたデータベースによって業務を効率化しました。
さらに、学生のスムーズな履修申請や保証人(保護者)への迅速な情報提供を実現しています。

課題

学部と大学院で学務情報システムが分かれており、データ管理に手間が発生していた

解決

「UNIPROVE/AS」を導入し、一元化されたデータベースで業務を効率化

効果

スムーズな履修申請などの学生向けサービス向上や、保証人への迅速な情報提供を実現

課題

学部と大学院で学務情報システムが分かれており、データ管理に手間が発生していた

解決

「UNIPROVE/AS」を導入し、一元化されたデータベースで業務を効率化

効果

スムーズな履修申請などの学生向けサービス向上や、保証人への迅速な情報提供を実現

[お客さまプロフィール]明治学院大学

[イメージ]明治学院大学ロゴと白金キャンパス写真

[所在地] 東京都港区白金台1-2-37(白金キャンパス)
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1518(横浜キャンパス)
[創立] 1863年
[学生数] 12,197名(学部)/146名(大学院)(2016年5月1日現在)
[教職員数] 1,619名(2016年5月1日現在、非常勤含む)

特記事項

  • 2016年12月1日 株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

大学向け学務情報システム「UNIPROVE/AS」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。

製品へのお問い合わせ カタログ請求 カタログダウンロード

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。