ページの本文へ

教育機関向けソリューション

Hitachi

導入事例:関西大学

「Cosminexus」 と「UNIPROVE/CW」で、41万人以上が利用する「関大ファミリーポータル」を構築

全体を束ねるポータルシステムは、SOA(*)を意識した将来展開ができることを重視しました。

学校法人 関西大学(以下、関西大学)では、学生・教職員・父母・校友、総勢41万人以上のステークホルダーすべてを対象に、生涯にわたるOne to Oneサービスを提供できるシステムづくりなどを盛り込んだ「IT化推進プロジェクト」を進めています。
今回は、このプロジェクトの一環として2009年3月に稼働した、情報共有基盤「関大ファミリーポータル」についてお聞きしました。

*
Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ
システムを「サービス」部品の集合ととらえ、組み合わせて構築する設計手法。

[写真]学術情報事務局(IT担当) 次長 得永 義則 氏

[写真]ITセンター システム開発課 砂田 吉史 氏

[写真]学事局 授業支援グループ 神宮司 健太 氏

課題ソリューション効果
  • 41万人を超える利用者のニーズに対応するサービスの提供
  • SOAを意識した将来展開の可能性
  • 疎結合によるシステム連携の基盤を実現
  • システム管理負荷の半減
  • 学生/教員の使い勝手向上
  • 職員の業務負荷の低減

導入のきっかけ

全ステークホルダーとのOne to Oneサービスを実現するポータル構築が目的

[イメージ]ポータルを利用する学生
ポータルを利用する学生

IT化推進プロジェクトの目的は、全ステークホルダーとのOne to Oneサービスを実現するポータルを構築するとともに、ポータルシステムやSNSを核とした「関大コミュニティ」による広範なフォーラムやコミュニティを提供することです。さらに、ステークホルダーの諸情報を「関大ファミリーカルテ」として集約・一元管理することで、ワンストップ・サービスを実現します。

同プロジェクトでは、5年計画で、学事システムのオープンシステム化や周辺システムの改修、ネットワークの強化、認証基盤の確立などを進めてきました。全部で16のシステム開発を同時に進めているのですが、中でもポータルシステムは、全体を束ねる重要な役割を果たすものです。

[得永氏]

採用した理由

SOAによるシステム構築を見据えた将来性・拡張性を評価

IT化推進プロジェクトでは、「情報システム間の連携」が16システムに共通する重要なテーマでした。特に全体を束ねるポータルシステムは、SOAを意識した将来展開ができることを重視しました。
日立の提案は、現状稼働しているシステムとの連携に対応しつつ、SOAによるシステム構築も実現できる将来性・拡張性がある点を評価しました。日立さんは、きちんと将来像を理解し、10年後の目標まで、われわれと共有して進もうとしているという信頼感がありました。
また、ポータルシステムの最終的な利用者数は41万人を超えるので、大規模システムでの豊富な実績をもつ「Cosminexus」の信頼性も大きかったですね。

[得永氏]

システム概要

複雑なシステム連携を疎結合で柔軟に実現

関西大学では、日立のSOAプラットフォーム「Cosminexus」を用いて新ポータルを構築しました。これと並行してデータ連携システムも用意。学内のさまざまなシステムとポータルとをつなぐこのシステムは、各システムの改修やデータ更新が、ほかのシステムに影響を与えない「疎結合」を実現しています。

また、ポータルの顔であるイベント/時間割情報の表示やお知らせといった機能は、日立の大学向けWeb型コラボレーションウェア「UNIPROVE/CW」によって開発。システム連携範囲の拡大によって、利用できる情報が広がりました。

[イメージ]情報共有基盤「関大ファミリーポータル」のシステム概要
情報共有基盤「関大ファミリーポータル」のシステム概要

効果と今後の展望

システムの集約で管理負荷が半減

今まで別システムだった学生用ポータルシステムと、教職員用グループウェアが一つに集約されたことで、システム管理の負荷が半減し、情報の二重入力も不要になりました。

[砂田氏]

学生・教員も使い勝手の向上を実感

[イメージ]学生用ポータル画面
学生用ポータル画面

学生からは、履修状況のカレンダー表示や休講情報といった日常的に便利な機能をはじめ、図書館システム、SNSシステムなどにシングルサインオンできる点が評価されています。
教員からは、急用が発生した際の休講連絡を自宅からもできる、といった利便性が好評です。また、学内のイベントをポータルで参照したり、学生向けのレジュメを掲載したりと、授業に関連した利用も活発化しています。

[神宮司氏]

職員の業務負荷も軽減

職員にとっては、「個人伝言/お知らせ」や「ワークグループ機能」など、情報をきめ細かい単位で伝達・共有できるようになったことが大きなポイントです。また先生方からは、新しく追加されたワークグループ機能により、研究グループやプロジェクトなど任意のグループ単位で連絡することが可能になり、非常に便利になったと聞いています。

[神宮司氏]

プロジェクト完了後も、システム強化を継続予定

IT化推進プロジェクトは2011年に完了を迎えますが、その後も高大連携教育や生涯教育まで幅広く使えるeラーニングシステムの整備、ポートフォリオシステムの充実など、 「教育の質の向上と保証」ならびに「学生をはじめとしたステークホルダーに対するサービスの向上」のため、システム強化を継続していきます。

[得永氏]

[利用者の声]学内のいろいろなシステムを利用しやすくなりました

[写真]法学部 法律学科3年 Kさん
法学部 法律学科3年
Kさん

図書館システムやSNSなどポータルトップ画面にリンクが張られているので、学内のいろいろなシステムを利用しやすくなりました。再ログインしなくても、これらのシステムにアクセスできるのがいいですね。
また、今までは各科目ごとに休講かどうかを見ていましたが、 1週間分のカレンダーに休講や補講のマークが表示されるようになったので予定が一目でわかって便利です。

[お客さまプロフィール]関西大学

[イメージ]関西大学ロゴ

[本部所在地] 大阪府吹田市山手町3-3-35
[創立] 1886年11月4日
[学生数] 32,907名(2009年5月1日現在)
[教職員数] 2,605名(2009年5月1日現在)

関西大学では2008年9月、今後10年を見据えた長期ビジョン(将来像)を策定し、「社会を見つめ、変化に挑む。『考動』する関大人が世界を拓く。」をめざすべき方向性として掲げた。さらに、2009年4月には、コミュニケーション・マーク「Global‘KU’」とタグライン「THINK×ACT(シンク・バイ・アクト)」を導入している。

関連製品、ソリューション

*
大学向けWeb型コラボレーションウェア「UNIPROVE/CW」は販売を終了しております。

特記事項

  • 2010年3月1日 掲載
    本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。
  • 本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社 日立製作所 公共システム営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
  • ディスプレイ内の画面はハメ込み合成です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
お問い合わせ

教育機関向けソリューションの各種お問い合わせを受け付けております。

カタログダウンロード カタログ請求 製品へのお問い合わせ

 

お問い合わせ
何をお探しですか?
検索フォーム

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

電子行政ショールーム「CyberGovernment Square」