ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:学校法人鶴学園 広島工業大学

VDI(仮想デスクトップ環境)の導入によって学修環境の拡充とシステム運用の負担軽減を両立

事前検証による最適化チューニングを評価

「教育系システムは非常に処理負荷の高いソフトウェアを使うため、事務系システムのように簡単に仮想化できるとは思っていませんでした。しかしVMwareで多くの導入実績とノウハウをお持ちの日立さんは、実際の授業で学生が一斉にシステムを使う場合のパフォーマンスを綿密にシミュレーションした上でリソースを最適化チューニングしてくれました。これが導入成功の大きなカギとなったのです」と鈴村氏は評価します。

今後、広島工業大学は学生からニーズの高いタブレットを使ったCAD演習などに力を入れていくほか、「大学での活用成果をふまえ、将来は小学校から中学・高校も含めた学校法人鶴学園全体で仮想化を活用した教育環境を検討していきたい」と小川氏は今後の抱負を語ります。積極的なIT活用で学修環境の拡充を図り、学生に魅力的なキャンパスを提供する広島工業大学に、これからも日立は先進的で高信頼のITソリューションを提案し続けていきます。

[写真]「PC教室の空きを待つ必要がなく、どのPCからも3次元CADが利用できるため、とても便利になりました。予習・復習などが、自分の空き時間にできるため、本当に助かっています」と笑顔を見せる学生さんたち
「PC教室の空きを待つ必要がなく、どのPCからも3次元CADが利用できるため、とても便利になりました。
予習・復習などが、自分の空き時間にできるため、本当に助かっています」と笑顔を見せる学生さんたち

特記事項

  • 2015年1月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。