ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:国立大学法人 北海道大学 情報基盤センター

日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」を活用し、国内最大規模の「アカデミッククラウド」を構築

国内最大規模のアカデミッククラウド

日立が全面的に構築を支援した北海道大学アカデミッククラウドでは、仮想化基盤に統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony(ブレードシンフォニー)」の高信頼ブレードサーバー「BS2000」を114台導入。
各サーバー(演算ノード)はインテル®Xeon® E7-8870プロセッサーを合計40コア備え、1演算ノードあたり128GBの大容量メモリと10Gbpsイーサネットの高速ネットワークを内蔵しています。
このため、システム全体で2,000以上の仮想サーバーを構築することが可能であり、総合理論演算性能が43TFLOPS(*)に達するというスーパーコンピューターなみの性能を備えています。

また、データを格納するストレージシステムには仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」やミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ」が利用されています。
これらのストレージはクラウドシステムの起動用ストレージ、スーパーコンピューターも含めたシステム全体の共用ストレージとして機能し、合計760テラバイト(TB)もの実効総容量を備えています。日立はHadoopなどの並列処理において、ネットワーク帯域やディスクI/Oがボトルネックとならないよう、仮想サーバーを安定的に分散させるスケジューリングノウハウを提供。さらに、システム稼働中の性能調整を自動化する「ダイナミックロードバランスコントローラ」や、必要に応じてストレージ容量の割り当てを自動化するボリューム容量仮想化機能「Hitachi Dynamic Provisioning」の活用により、システム全体の安定稼働に加え、ストレージ容量設計と運用を一段と容易化したのが特長です。

一方、基盤ソフトウェアにはシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社のサーバー仮想化ソフト「Citrix Xen Server®」や、クラウド管理ミドルウェア「CloudStack™」を採用。ポータルサイトを通じたサービス環境の申請・管理・運用をシンプルな形で実現することで、刻一刻と変わるユーザーからの要求に迅速に対応できる柔軟性と、運用管理コストの削減に寄与しています。

*
TFLOPS:演算性能の単位であり、1テラフロップスは1秒間に1兆回の計算(浮動小数点演算)を実行できることを意味する

[イメージ]アカデミッククラウドシステム概要図
アカデミッククラウドシステム概要図

全国の研究者に向け、柔軟・迅速に最先端の環境を

北海道大学アカデミッククラウドでは、OSやミドルウェアのほか、ブログやWiki(*1)などの各種アプリケーションをパッケージとして利用できるホスティングサーバーと、OSやミドルウェアなどを研究者の利用用途に応じてカスタマイズして利用できるプロジェクトサーバーが用意されており、オンラインストレージやブログなどの利用環境も含めてIaaS/PaaS(*2)として提供されています。

「ホスティングサーバー」はHA(*3)構成の採用で、障害時には自動的にバックアップサーバーに切り替わる高信頼性を実現。
また「プロジェクトサーバー」は、標準のOSインストールイメージに加えて、ビッグデータの解析などに欠かせないMPI(*4)やHadoopを自動的にインストールし、複数台のサーバーをクラスターとして設定するクラスターパッケージが提供されています。

利用希望者は、情報基盤センターのポータルページから利用申請を行うことで、研究に必要な仮想サーバーを、わずか数分で手に入れることが可能です。
ITリソースを一元的に管理し、ユーザーの要求に柔軟かつ迅速に対応しながら、必要なリソースを効率よく利用することで、従来のシステムと比べて消費電力は1/5〜1/10に削減されました。
利用負担金も月単位の定額制のため、各大学の研究室や部局、プロジェクトなどのICTコストを大幅に低減しながら、研究活動の活性化を促進できるものと期待が寄せられています。

*1
WebブラウザーからWebページの編集・発行を行うことができるシステム
*2
IaaS:Infrastructure as a Service/PaaS:Platform as a Service
*3
High Availability
*4
Message Passing Interface:複数のCPUが情報をバイト列からなるメッセージとして送受信することで、複数の計算機による並列処理を可能とする

特記事項

  • 2012年2月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(日立インターメディックス株式会社印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。