ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:国立大学法人 北海道大学 情報基盤センター

日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」を活用し、国内最大規模の「アカデミッククラウド」を構築

全国共同利用の「学際大規模計算機システム」

北海道大学において情報メディア教育の拠点となっている情報基盤センターは、大学の枠を越えて全国の研究者が共同利用できる学際大規模情報基盤 共同利用・共同研究拠点としての役割も担っています。

同センターが2011年11月1日からサービスを開始した国内最大規模の学術クラウドシステム「北海道大学アカデミッククラウド」は、約2,000の仮想サーバーを起動できるクラウドシステムであり、全国共同利用の「学際大規模計算機システム」の一部として、国内最高クラスのスーパーコンピューターシステム、ネットワークシステムならびにユーザー管理システムなどとともに運用されています。

その構築のねらいを情報基盤センター長を務める情報ネットワーク研究部門 教授の井 昌彰氏は「これまで情報基盤センターは全国共同利用施設として、最新鋭のスーパーコンピューターによるHPC(*)と、主にアプリケーションサービスを提供する汎用コンピューターの二本立てのシステムを全国の大学研究者に向けて提供してきました。しかし近年、汎用コンピューターを提供する際の方向性が、単なるアプリケーションサービスだけではなく、統合的な情報環境の支援という位置付けに変わってきました。具体的には当センター内のブレードサーバーを物理的にお貸しして、それを研究室のWebサーバーやホスティングサーバー、プロジェクトサーバーなどに使っていただくという形式です。ただし物理サーバーだけではどうしてもリソース提供に限界があります。そこでクラスター活用など多様な研究ニーズにも対応しながら、調達業務と構築作業の効率化が図れるアカデミッククラウドの導入を考えたのです」と説明します。

*
High Performance Computing

[写真]情報基盤センターの業務を支えるサーバー群
情報基盤センターの業務を支えるサーバー群

日立提案のプライベートクラウドを選定

全国共同利用のサービスとともに、北海道大学内に散在する多様なサーバーの集約と効率的な運用を推進するための受け皿としても「クラウドシステムは本学の情報環境の要となる有益なソリューションだと判断しました」と井氏は語ります。
こうした方針のもと、約2年の期間をかけて作成された基本仕様書に対する一般競争入札で採用されたのが、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のプライベートクラウドソリューションを活用した日立のシステム群でした。

「入札を前提としたシステムのため、本学側でシステム実装内容までを細かく指定したわけではありません。しかしクラウドという新しいテクノロジーに挑戦できる体力やポテンシャルをしっかり備えたベンダーはそれほど多くはなく、サーバー一つとっても、われわれが提示した要件ではWebサーバーのホスティングからハイパフォーマンスなPCクラスタリングまでを仮想サーバーでカバーできる強じんなスペックを備えていなければなりませんでした。また、利用申請からリソース提供までを迅速に実現できる運用管理の柔軟性も必要です。その意味で日立が提案されたクラウド基盤は、仕様、価格、構築期間、運用負荷削減の条件にすべて合致したソリューションだったと言えます」と井氏は続けます。

  • * 日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」は日立のクラウド Hitachi Cloudの旧名称です。

特記事項

  • 2012年2月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(日立インターメディックス株式会社印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。