ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

導入事例:法政大学

約3万人の学生のアクセスが集中する事務システム基盤「情報システム2011」の構築に日立のプライベートクラウドソリューションを採用

将来はパブリッククラウドの活用も視野に

一連のシステム導入を支援した日立に対し内田氏は、「今回のクラウド化を中心とした事務系システムのリプレースではマルチベンダーで構成されている各サブシステムの移行をともなったため、長年の実績と技術力をふまえ、日立さんにプロジェクト全体の取りまとめ役を担っていただきました。その過程ではいくつかの課題に直面しましたが、日立のSEさんたちの真摯(しんし)な対応と努力のおかげで予定どおりカットオーバーすることができ、本当に感謝しています」と笑顔を見せます。

[写真]法政大学の業務を支えるBladeSymphony
法政大学の業務を支えるBladeSymphony

法政大学は情報システム2011で導入されたプライベートクラウドを第一歩に、今後はパブリッククラウドも視野に入れた本格的なクラウド活用をめざしていく予定です。

「今回は仮想化によってシステム基盤を統合し、安定的な運用と集中管理できる体制を整えました。今後、その上で稼働しているさまざまなアプリケーションも仮想化できれば、BCPのさらなる強化につながる外部のデータセンターの活用や、クラウド事業者が提供する費用対効果に優れたサービス利用の可能性も出てきます。そのためにも今回導入した基盤の運用実績から得られるデータや知見を評価し、次なるシステム構想へつなげていくことがこれからの大きな課題となります」と三木氏は今後の展望を語ります。

高信頼で柔軟な学内クラウド環境の構築により、学生と教職員の満足度を高め、運用管理負担の大幅な軽減を実現した法政大学。その競争力向上と個性ある大学づくりに向けた取り組みを、これからも日立は先進的なクラウドソリューションと大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」の強化・拡充によって、力強く支援していきます。

特記事項

  • 2012年7月2日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(日立インターメディックス株式会社印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

大学向け情報システムソリューション「IT Solution for Campus」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。