ページの本文へ

Hitachi

官公庁向けソリューション

導入事例:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

「サイバー法人台帳ROBINS」をTWX-21のプラットフォームを利用して構築

高信頼・高セキュアなサービス基盤を提供するTWX-21

そしてこのROBINSのサービス基盤に選ばれたのが、日立の企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」の「システム運用・プラットフォーム提供サービス」です。日立は、これまで培った数多くのシステム構築ノウハウや安定稼働を支える運用ノウハウを活用し、ROBINSのプラットフォーム立ち上げを実現。
ROBINSを支えるインフラは高信頼・高セキュアなHarmonious Cloud(ハーモニアス クラウド)センタを活用しているため、JIPDECではエンドユーザーである企業などに対し、高品質なサービスを継続的に提供することが可能となります。

小林氏は「日立さんの強固なインフラの上でROBINSを構築できたのは、サービスを提供する側として非常に心強い限りです。
これからROBINSは機能の拡充や利便性の向上を図りながら、企業情報とオープンデータを融合させた新たな価値創造に向け、さらに進化していきます。日立さんには末永い支援をお願いしたいですね」と笑顔で語ります。

その期待に応えるため、今後も日立は「TWX-21」による高信頼なプラットフォームと安定稼働を実現するシステム運用で、ROBINSを継続的にサポートしていきます。

特記事項

  • 2013年10月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

お問い合わせ

日立企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」の各種お問い合せを受け付けております。

製品へのお問い合わせ


製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。