ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

東京都台東区「緊急通報を備えた電子総合掲示板の実現」:第2回

さらなる地域防犯に向けた、全国初の取り組み

効果と今後の展望

利用実績は着実な伸び。利用度アップは認知度の向上がカギ

日立:
2008年3月の稼働から約10ヵ月が経過しましたが、実際の利用状況はいかがでしょうか。

[写真]緊急通報装置
緊急通報装置

鈴木氏:
緊急通報ですが、急に具合が悪くなった方がボタンを押し、上野警察署で救急車を現地に手配した、といった実績などがあります。
区役所コールセンターへの問い合わせですが、「上野公園内の文化施設の行き方」、「図書館などの区有施設に関すること」、「掲示板に関すること」、「郵便局や最寄り駅の場所」というようなお問い合わせが多いですね。
最後に、タッチパネルによる情報検索ですが、これまでに3万程度のクリックがありました。文化施設の情報や区内の気象情報といったコンテンツに人気があるようです。

日立:
区民の方の認知度や、評価はいかがでしょうか。

鈴木氏:
昨年10月に掲示板の前で、掲示板利用に関するアンケート調査を実施したところ、9割の方から「掲示板が地域の安全・安心につながる」という評価をいただきました。とはいえ、区民の方の認知度は5割程度でしたので、さまざまな機会を通じて「たいとう安全・安心掲示板」をPRしていきたいと思っています。

日立:
ほかの自治体からの視察や問い合わせはありましたか。

鈴木氏:
何件か、仕様と経費、利用実績について問い合わせがあり、資料を提供しています。
特に多い問い合わせは、液晶ビジョンに関することですね。「たいとう安全・安心掲示板」のように野外に設置された液晶ビジョンが、大変珍しいということで「設置場所はどのような環境か」、「画像は鮮明か」、「設置にあたり、どのような課題があるのか」などの質問をいただきました。
最近は、街中でもデジタルサイネージを利用した案内板などを見かけることが増えてきましたが、そのほとんどは軒下や建物内に設置されています。私も幾つか電子掲示板を視察しましたが、(今は設置されていませんが)液晶ビジョンが雨ざらしの中に常設された案内板は、JR渋谷駅前だけでした。その点、屋外に設置されている安全・安心掲示板は、皆さん大変興味をもってお問い合わせくださいますね。

開発秘話「南向きで雨ざらしの液晶ビジョン」実現へのチャレンジ

全国でも珍しい、完全屋外に設置された液晶ビジョン内蔵装置である「たいとう安全・安心掲示板」。実はこの装置を実現するために、開発者は多くの難問に突き当たった。中でもデリケートな部品である「液晶パネル」の扱いには手を焼いたという。

[写真]タッチパネルの操作イメージ
上下二つの液晶パネルの内容は
さまざまな天候下でも視認できる

「屋外に設置されている掲示板には、風雨が容赦なく降りかかりますし、夏になれば強烈な直射日光に晒されます。精密機器である液晶パネルにとっては非常に過酷な環境です」

掲示板の開発者である、日立製作所 社会・産業システム事業部の斉藤 晴茂はこう語る。実際、稼働当初は寒さによってパネル部が結露したり、太陽光による熱で液晶が真っ黒になってしまったりといったトラブルにたびたび悩まされたという。
斉藤たちは知恵を絞り、最終的に環境による影響を取り除く妙案を思いついた。

「実は液晶部分は外部に露出しているのではなく、タッチパネルのガラス板で覆われて二層構造になっているんです。そこで機器の中にエアコンを取り付け、液晶とタッチパネルの間の隙間に適温の空気を送り込むことで、外気との温度差などによる影響が直接液晶に及ばないようにしました」

また液晶パネル以外にも、屋外への長期間の設置を考慮した幾つかの工夫が施されているという。

「ボディーの形状や色彩は、景観まちづくり条例などに基づき、周辺との調和を重んじて製作されています。また、筐体の表面には、貼り紙や鳥の糞などが付着しても取り除きやすいように、特殊な塗装がされています」

利用者ニーズを捉えた改善に向けて

日立:
「たいとう安全・安心掲示板」の今後の展望について教えてください。

[写真]危機管理室 生活安全推進課 係長 鈴木伸治氏

鈴木氏:
掲示板を設置してからこれまでの10ヵ月間は、主にシステムの安定性を確保しつつ、運用状況を検証してきました。10月に実施したアンケート調査の結果やコンテンツのアクセス数から、利用者にとって、「見やすい」「検索しやすい」「欲しい情報」などニーズをつかんできています。
これまでも簡易な改善は行ってきましたが、これからは利用者の皆さんが「見やすい、使いやすい、便利だ」と実感できる掲示板になるよう、操作性の向上を図るとともに、「にぎわい いきいき したまち台東」に貢献できるよう、もっと表示内容や配信情報の改善が必要と考えています。

[写真]掲示板の利用イメージ
掲示板は誰でも無料で利用可能。
「気軽にさわってみてください」とのこと

日立:
最後に、利用者の皆さんへ一言メッセージをお願いします。

鈴木氏:
繰り返しになりますが、とにかくこの掲示板をもっと知っていただき、触れてもらいたいですね。
行政が設置した防犯カメラ付の掲示板ということで、硬いイメージがあると思いますが、是非、気軽にタッチパネルでの情報検索などを試してみてください。
区としても、掲示板のより一層の改善を行うとともにPR活動を通じ認知度向上を図り、皆さんに親しまれる掲示板としていきたいと考えています。

[お客さまプロフィール]台東区

[写真]台東区役所外観

[住所]台東区東上野4-5-6
[職員数]1,686人(2008年4月1日現在)
[人口]165,336人(2009年2月1日現在)
[外国人登録者]11,816人(2009年2月1日現在)
[世帯数]90,604世帯(2009年2月1日現在)

◎多様な文化と芸術を育む下町
東京23 区のほぼ中心に位置し、西は上野の山、東は隅田川に接した「東京の下町」として親しまれる台東区。区内には浅草・上野という日本有数の国際観光地があり、年間約3400万人の観光客が訪れます。
また、かつて大衆文化の中心地として栄え、現在も多くの美術館・博物館を有する台東区は、日本を代表する「文化・芸術のまち」としても知られています。

特記事項

  • 本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社 日立製作所 公共システム営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。

3ページ中3ページ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン