ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

はじめに

電子政府/電子自治体の整備が進むにつれ、自治体の情報システムにおいても情報漏えい・不正アクセスといった情報セキュリティ上のリスクに対する対策の強化が重要な課題となっています。こうした状況を受け、2007年3月に財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)内に「自治体セキュリティ支援室」(略称LASC:Local Authorities Security Support Center)が設置されました。
今回は、LASCの石川家継室長にお話を伺い、LASCの全体像と目的、また「自治体CEPTOAR(自治体セキュリティ情報の共有・分析)」をはじめとした主な取り組みについてご紹介します。
(2007年8月取材)

財団法人 地方自治情報センター 自治体セキュリティ支援室 石川家継 室長 プロフィール

[写真] 財団法人 地方自治情報センター 自治体セキュリティ支援室(LASC:ラスク) 石川家継 室長

1961年、福岡県生まれ。
1980年、福岡県庁入庁。
1984年 自治省入省。その後、佐賀県庁に出向、総務省地域情報政策室地域情報専門官を経て、地方自治情報センターに出向、現在、自治体セキュリティ支援室長。

目次

第1回 LASC設立の背景と自治体ISAC(仮称)の実証実験プロジェクト

自治体セキュリティ支援室(LASC)が設立されるに至った背景、特に自治体ISAC実証実験を始めとした国の情報セキュリティ政策との関連についてお伺いします。

第2回 LGWANを活用した情報セキュリティ支援事業に係る実証実験(平成18年度)の概要と成果

財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)が取り組んだ、LGWAN-ASPを用いた自治体ネットワークの監視実験について、その仕組みと成果についてお伺いします。

第3回 今後のLASCの活動について

今後、自治体のセキュリティ向上に向けLASCが力を入れていく分野・施策についてお伺いしました。また、自治体の職員の皆様へのメッセージもいただいています。

自治体セキュリティ監視サービスに関するお問い合わせ

LGWAN-ASP 自治体セキュリティ監視サービス

「LGWANを利用した「自治体セキュリティ監視サービス」については、下記にお問い合わせください。
株式会社 日立システムズ お問い合わせ

4ページ中1ページ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン